お知らせ・新着情報

2021.11.01

新型コロナウィルス対応の大学の行動指針が引き下げ(レベル2から1へ)られました。当施設もその方針に準じて対応いたしますのでご了解ください。取り組み(実験室の利用方法,機器操作指導,試料作製指導)の詳細は,担当者へ直接お問い合わせください。

 

2021.10.01

新型コロナウィルス対応の大学の行動指針が引き下げ(レベル3から2へ)られました。当施設もその方針に準じて対応いたしますのでご了解ください。取り組み(実験室の利用方法,機器操作指導,試料作製指導)の詳細は,担当者へ直接お問い合わせください。

 

2021.09.01

9月5日(日)の全学停電により,一部の機器がご利用できません。詳細は予約表をご確認下さいますようお願いいたします。

 

機器リスト3(試料作製機器)     ▶▶▶ リスト1へ   ▶▶▶ リスト2へ

画像をクリックすると拡大表示されます。

高圧凍結装置 ライカ EM PACT2

組織や細胞に瞬時的に高圧をかけることで,氷晶の形成を防止しながら試料を凍結する装置。高圧下では水の融点が下がり,水の粘性が高くなることで氷晶の形成が抑制されます。他の凍結法と比較して良好な凍結像を得られます。

 

担当 伊藤利章

凍結置換装置 ライカ EM AFS2

急速凍結された試料を低温下で化学固定,脱水する装置です。

 

担当 伊藤利章

ウルトラミクロトーム1 ライカ EM UC7

透過型電子顕微鏡で組織・細胞などの微細構造を観察するための超薄切片の作製を目的とする装置です。樹脂包埋された試料で60〜90nmの薄切が可能です。

 

担当 伊藤利章

ウルトラミクロトーム2 ライカ ULTRACUT S / FCS

透過型電子顕微鏡で組織・細胞などの微細構造を観察するための超薄切片の作製を目的とする装置です。樹脂包埋された試料で60〜90nmの薄切が可能です。

 

担当 伊藤利章

ウルトラミクロトーム3 ライヘルトニッセイ ULTRACUT N

透過型電子顕微鏡で組織・細胞などの微細構造を観察するための超薄切片の作製を目的とする装置です。樹脂包埋された試料で60〜90nmの薄切が可能です。

 

担当 伊藤利章

回転式ミクロトーム ライカ RM 2255

樹脂やパラフィンの試料切片を作製するための装置です。切片の厚さは,0.5〜100μmの範囲で設定できます。

 

担当 伊藤利章

凍結ミクロトーム ライカ CM 3050S

凍結した組織を厚さ3.0〜60μmで薄切するための装置です。主に光顕観察に用いられます。

 

担当 伊藤利章

凍結割断レプリカ装置 日本電子 JFD-9010

急速凍結した試料を高真空中で割断し、その割断面に白金及びカーボンを蒸着することができます。この蒸着膜(レプリカ膜)を試料から剥離し、電子顕微鏡観察することで、間接的に割断面(主に細胞単位膜にある膜内粒子の分布、細胞間結合装置の構造等)の超微細構造の観察ができます。

 

担当 伊藤利章

オスミウムコーター 真空デバイス HPC-20 NEW

試料に導電膜処理を施す装置で,コーティングする物質はオスミウムです。試料に一様な厚さのオスミウム膜を形成し,導電性を与えます。

 

担当 安井雅範

マグネトロンスパッター 真空デバイス MSP-20MT NEW

試料に金属をコーティングし,導電性を与える装置です。ターゲットにマグネトロン方式を採用し,コーティング時の試料ダメージを軽減します。コーティングする物質は金パラジウムです。

 

担当 安井雅範

マグネトロンスパッター 日立 E-1030

試料に金属をコーティングし,導電性を与える装置です。ターゲットにマグネトロン方式を採用し,コーティング時の試料ダメージを軽減します。コーティングする物質は,白金または白金パラジウムです。

 

担当 安井雅範

カーボンコーター 真空デバイス VC-100

透過型電子顕微鏡で観察するための超薄切片の補強やカーボン支持膜の作成、また、X線元素分析のためのカーボン蒸着に使用する装置。

 

担当 安井雅範

臨界点乾燥装置 ライカ EM CPD300

走査型電子顕微鏡で観察する脱水後の組織・細胞などの生物試料を乾燥するための装置。液化炭酸ガスを用いて、表面張力のない液体と気体の両方の性質を持つ臨界点状態を利用して,試料の変形を最小限に抑えて乾燥することが可能。全自動化による簡単操作と高いクオリティの実現。

 

担当 安井雅範

凍結乾燥器 エイコー ID-2

走査型電子顕微鏡で観察する脱水後の組織・細胞などの生物試料をt-ブチルアルコールに置換して乾燥するための装置。t-ブチルアルコールの凝固点が25.5℃と高いことを利用して,真空中で凍結・昇華して試料の変形を最小限に抑えることが可能。

 

担当 安井雅範

真空蒸着装置 日本電子 JEE-4X

 

担当 伊藤利章

マイクロウェーブ迅速試料処理装置 東屋医科器械 MI-77 NEW

生物試料を電子顕微鏡観察するためには,一般的に化学固定・脱水等の工程を経ます。この装置を用いることで,それらの溶液の浸透を促進し,各工程を短時間で処理できます。

 

担当 伊藤利章

機器の故障・メンテ情報等

 

2021.09.06

故障により長期利用停止しておりました,クライオ走査型電子顕微鏡(JSM-6701F)の修理が完了しました。利用可能です。

 

2021.06.03

6月9日(水)〜10日(木)の期間,共焦点レーザー顕微鏡(TCS SP5)は,修理のため利用できません。

 

2021.05.10

5月13日(木)〜14日(金)の期間,共焦点レーザー顕微鏡(TCS SP5)は,修理のため利用できません。

 

 

もっと見る

お試し試薬情報(準備中)

当センターが所有するゴールド標識二次抗体,蛍光標識二次抗体等の無料貸し出しの情報を掲載します。当センターの利用を条件とします。

ショートカットナビ

施設を見学したい

機器を利用したい

試料作製法を学びたい

・試料作製を依頼したい(準備中)

イメージギャラリー(準備中)

当センターで撮影された電顕・光顕画像を掲載しております。