終了しました。各年度を盛り上げてくださったゼミ担当の皆さん、ありがとうございました。最終回は、OB(現学振PD) Eugenios Agathokleousさんのキプロス土産と正教授での就職祝い(Nanjing Univ of Informaton Science and Technology)!めでたい門出のお祝い会にも成りました! Prof.Evgenios Agathokleous誕生!CongratEA.JPG
さて、今後は?

Luncheon seminar 2018 〜弁当片手に耳学問♪〜

事前に、このページで紹介予定の文献等を紹介します。 どなたでも自由にご参加ください。お弁当を持っていらして下さい。場所は北大農学部N356、金曜日のお昼です! (12:05-12:50)。
学園祭(6月3日)、8月、9月は夏休み。毎年、年始は3年生の登場!関心のある方は、ふるってご参加下さい。 H30年度は4月13日から! ふるってご参加下さい!

H30年度の世話人:横山聡子:発表の申込みは、s-yokoyama [AT] eis.hokudai.ac.jp, PC上でAT=@へ;
H30は終了しました。

2月1日 話題2件 (植生モニター、機械的間伐法と植生)

造林OBOGの研究紹介でした;
1)苫小牧の風害跡地60周年、岡田浩弥、”風倒後の植生回復:初期は2方向:養水分の競争、優劣がつくと1方向:光の競争に!”file岡田−昼ゼミ20190201.pptx
2)機械的間伐と下層植生、加藤彩、トドマツ人工林の相対照度と相対光合成有効放射束密度の差”file加藤−間伐と下層植生多様性.pptx

1月25日 3年生登場 話題3件(施業法、森林鉄道、下刈り)

1)施業法、永田早希:一言"とても興味がひかれる論壇でした"ーー小山浩正(2002)近自然型森林造成方法の提案ー(機某郵レフュージアとしてのカラマツ林の価値ー、北方林業、file永田-近自然型森林造成.pdf
2)森林鉄道、井口光:一言”昔から興味がありました”ーーfile井口−森林軌道の歴史.pdf
3)下刈り効果、大嶋輝:一言”今、一番の関心事”ーーfile大嶋-下刈り実施パターン.pdf

1月11日 ブナとミズナラのマスティングについて

by 森口時夫 file森口-昼ゼミ20190111.pdffile森口−昼ゼミ_ミズナラ.pptx
・今 博計(2009)ブナにおけるマスティングの適応的意義とそのメカニズム,北海道林業試験場研究報告, 46: 53-83;
・來住 牧・宮 久史・吉田 俊也・植村 滋 (2015)ミズナラ堅果生産量の長期動態と豊凶仮説の検証, 低温科学, 73: 125-132;

12月21日 北海道の森林鉄道と集運材の歴史

樋口亮 文献:小熊米雄『日本の森林鉄道 上巻:蒸気機関車編』(上巻のみ)

12月14日 グイマツ雑種F1の育種と材質(仮)

by 来田和人 氏(道総研・林業試験場・道北支場長:場所N13教室(12:10〜12:50)予定;
発表の要旨 file来田和人−要旨.pdf

12月1日 タケ・ササ類の除草剤を 用いた枯殺について

by 馬場俊季 タケ・ササの開花制御、フロリーゲン特定の再来か!file馬場−タケ・ササ類の除草剤.pdf
以下の論壇のマトメです。

  1. 上田弘一郎・真鍋逸平・渡辺政俊:マダケの竹稈にクロシウムを注入した場合の枯死の程度について
  2. 豊岡洪・横山喜作:林地除草剤の枯殺効果に関する研究(第3報)-クマイザサに対するテトラピオン剤の作用特性
  3. 須崎民雄:除草剤に関する試験(第1報)

11月30日 ミカンの香気成分と害虫防除

by 増井昇(最終:各種文献から、ミニレビュー)file増井−ミカンBVOC.pdf 増井ミカンBVOC.JPG
増井=静岡=抹茶 のイメージで、馬場シェフ特製抹茶クッキー 抹茶クッキー.JPG

11月16日 お休み(北方森林学会)

横山、野中、馬場、樋口、増井氏がポスター発表予定 file北方森林学会プログラム_2018ポスター.pdf~札幌コンベンションセンター(15日午後〜);
馬場俊希:クマイザサのシュート成長と花成遺伝子に及ぼす施肥の影響;
横山聡子:グイマツ雑種F1の成長に対する踏圧と窒素沈着の影響;
菅井徹人(OB):トドマツ苗木の由来産地と生育環境による光合成特性の違い -クロロフィル蛍光反応と成長から-;
の3名が学生ポスター賞受賞! おめでとうございます!

11月9日 Soil depth distribution and the patterns of alpha- and beta-diversity of families of soil Collembola in cool-temperate deciduous natural forests and larch plantations of northern Japan;~

by Hishi T. et al. (2012) Edaphologia,91:9-20;
reported by 野中佳祐 (北海道東部の落葉広葉樹天然林およびカラマツ人工林における 土壌性トビムシの科のαおよびβ多様性と土壌深度分布との関係), file野中ー昼ゼミNov.pdf

11月2日 変動環境下での樹木根系の生理生態学的研究

by 小池孝良 根研究学会 2018年度学術特別賞 受賞講演内容 file根学会2018盛岡(小池)要旨.pdf
スライド file小池−根研2018.pdf

10月26日 「トラクタ走行による土壌の締固めと植栽苗木の成長」

猪内正雄、岩手大学演習林報告 1982,by 横山聡子、 file横山−トラクタ走行.pdf

10月19日 Studies on Optimum Density of Forest Roads(2)

Minoru Kamiiizaka, by 岸真浩   file岸−林道(2).pdf

10月11日(木曜日)「野外調査と操作実験による対流圏オゾンが樹林地に与える影響評価」

by 小池孝良(大気環境学会発表練習も兼ねて)file大気環境学会2018−小池孝良.pdf
 

10月5日 「前近代の北海道における木材利用史」

by ゲスト_千原鴻志(樹木生物学 3年)北方林業参照 file夏号_07千原.pdf

8月3日 「落葉広葉樹の個葉光合成からみた森林の動態」

by 小池孝良 file4) 小池 落葉広葉樹の遷移ー生態学会.pdf

7月27日 ”象林学”木馬道ならぬ木象道:ミャンマーを事例に

by 樋口 亮 象さんの”ニート”激増! 詳しくはこちらfileHiguchi_180727.pdf

7月20日 Ecophysiological study on the effect of elevated O3 and salinity stress on the growth and photosynthesis of three larch species 

発表練習−汪雁楠 発表のabstract--fileWang Yannan-Abstract.pdf~ 本番は8月3日

7月13日 森口時夫

旧リトアニア農業大学留学体験記(トビタテ報告)3つのスライドで報告しています;
No1 fileゼミ発表180713森口時生 1.pdf No2 fileゼミ発表180713森口時生 2.pdfNo3 fileゼミ発表180713森口時生 3.pdf

7月5日 The influence of salinity on growth, biomass production and photosynthesis of Eucalyptus camaldulensis Dehnh. and Dalbergia sissoo Roxb. seedlings

by 汪 雁楠 J.S. Rawat and S.P. Banerjee (1998) Plant and Soil 205: 163–169, file汪雁楠-昼ゼミ.pptx

6月29日 森林動態学実習でお休みです

6月22日 フェロモンの探索

  1. Kubo R, Harano K, Ono M. (2017) Male scent-marking pheromone of Bombus ardens ardens (Hymenoptera; Apidae) attracts both conspecific queens and males. Naturwissenschaften. 2017 Oct;104(9-10):69
  2. Judy Wu-Smart & Marla Spivak (2016) Sub-lethal effects of dietary neonicotinoid insecticide exposure on honey bee queen fecundity and colony development. Scientific Reports, volume 6, Article number: 32108 (2016)
    by 増井昇 file増井−昼ゼミフェロモン探索.pdf
    IBP(総合的生物多様性管理)の重要性を知らしめる内容です! ミツバチ類の大量死亡の謎にも迫る!

6月15日 安定同位体による土壌動物の食性解析

by 野中佳祐 file野中-昼ゼミ0615.pptx
1) Chahartaghia M, Langelb R,Scheua S,Ruessa L (2005) Feeding guilds in Collembola based on nitrogen stable isotope ratios.Soil Biology and Biochemistry 37 (9):1718-1725
2) Hishi T, Hyodo F, Saitoh S, Takeda T (2007) The feeding habits of collembola along decomposion gradients using stable carbon and nitrogen isotope analyses.Soil Biology and Biochemistry 39(7): 1820-1823

6月8日 森林生態系の炭素循環における根系の役割

特別ゲスト:大橋瑞江氏 兵庫県立大学・環境人間学部・教授;
研究の一端は、広報誌に! 会場は 農学部N23教室、開始は12:15〜終了予定13:00(~15)です。;
1)竹林の根の現存量 file大橋−タケ根.docx 2)熱帯林の根の分解はcourse root と fine root どちらが早く分解するのか?メレ−シアでの事例研究 file大橋−熱帯根の分解.txt~ 

6月1日 学園祭のためお休み

5月25日 ハイパースペクトルの応用

太陽光を利用したスタンドオフ植物蛍光計測システムの開発 : 圃場・森林への応用,増田健二 2017.03;
植物葉の蛍光リモートセンシング計測システムの開発とストレス障害, 増田健二 2014.03;
by 樋口亮 fileHiguchi-LS.pdf

5月18日 Studies on Optimum Density of Forest Roads(1) -Concerning standard models-

by Minoru Kamiiizaka (1963) J.Jpn. For. Sco., 岸真浩 林道の適正密度に関する研究 file岸−昼ゼミ20180518.pdf

5月11日 十和田湖南岸域における一斉開花枯死後8年間のチシマザサ個体群の動態-特に非開花集団に着目して-

蒔田 明史, Bamboo J 21, 57-65, 2004 by 馬場俊季; 発表、file馬場−昼ゼミ201805.pptx

4月27日 安全管理講座の受講 全員出席のこと!

DVDを皆で見ます。アンケート、安全本部へ提出! 研修会、お疲れさまでした。全員参加できました!

4月20日 安全管理講座の受講 全員出席のこと!

DVDを皆で見ます。

4月13日 Effects of simulated nitrogen deposition on ectomycorrhizae community structure in hybrid larch and its parents grown in volcanic ash soil: the role of phosphorous.

Wang, X., Agathokleous, E., Qu, L., Fujita, S., et al. (2018). Science of the Total Environment. doi.org/10.1016/j.scitotenv.2017.08.283 by 横山聡子 発表、file横山−昼ゼミ2018.pdf

2017年度はこちら

2016年度はこちら

2015年度はこちら

2014年度はこちら

2013年度はこちら

2012年度はこちら

2011年度はこちら

2010年度はこちら

2009年度はこちら

2008年度はこちら

Topへ戻る


添付ファイル: file加藤−間伐と下層植生多様性.pptx 120件 [詳細] fileCongratEA.JPG 128件 [詳細] file岡田−昼ゼミ20190201.pptx 109件 [詳細] file大嶋-下刈り実施パターン.pdf 97件 [詳細] file井口−森林軌道の歴史.pdf 529件 [詳細] file永田-近自然型森林造成.pdf 121件 [詳細] file森口−昼ゼミ_ミズナラ.pptx 109件 [詳細] file森口-昼ゼミ20190111.pdf 320件 [詳細] file馬場−タケ・ササ類の除草剤.pdf 444件 [詳細] file抹茶クッキー.JPG 90件 [詳細] file増井ミカンBVOC.JPG 101件 [詳細] file増井−ミカンBVOC.pdf 116件 [詳細] file来田和人−要旨.pdf 144件 [詳細] file北方森林学会プログラム_2018ポスター.pdf 137件 [詳細] file野中ー昼ゼミNov.pdf 124件 [詳細] file小池−根研2018.pdf 149件 [詳細] file根学会2018盛岡(小池)要旨.pdf 141件 [詳細] file岸−林道(2).pdf 120件 [詳細] file横山−トラクタ走行.pdf 214件 [詳細] file夏号_07千原.pdf 228件 [詳細] file大気環境学会2018−小池孝良.pdf 124件 [詳細] fileHiguchi_180727.pdf 135件 [詳細] file4) 小池 落葉広葉樹の遷移ー生態学会.pdf 1162件 [詳細] fileゼミ発表180713森口時生 3.pdf 115件 [詳細] fileゼミ発表180713森口時生 2.pdf 111件 [詳細] fileゼミ発表180713森口時生 1.pdf 129件 [詳細] fileWang Yannan-Abstract.pdf 139件 [詳細] file汪雁楠-昼ゼミ.pptx 150件 [詳細] file増井−昼ゼミフェロモン探索.pdf 216件 [詳細] file野中-昼ゼミ0615.pptx 148件 [詳細] fileHiguchi-LS.pdf 173件 [詳細] file大橋−熱帯根の分解.txt 151件 [詳細] file大橋−タケ根.docx 127件 [詳細] file岸−昼ゼミ20180518.pdf 166件 [詳細] file馬場−昼ゼミ201805.pptx 197件 [詳細] file横山−昼ゼミ2018.pdf 279件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2019-02-11 19:01:10 (月)
Luncheon seminar 2018