Luncheon seminar 2016 〜弁当片手に耳学問♪〜

事前に、このページで紹介予定の文献等を紹介します。 どなたでも自由にご参加ください。お弁当を持っていらして下さい。場所は北大農学部N356、金曜日のお昼です! (12:05-12:50)。
学園祭(6月3日)、8月、9月は夏休み。毎年、年始は3年生の登場!関心のある方は、ふるってご参加下さい。

発表の申込みは、世話人:増井昇: rockforest28@@gmail.com、@を1つにして半角に!

新年は1月6? 13日 3年生、登場! 2017年度は4月の新学期から。お楽しみに!

12月16日 Evgenios Agathokleous Myanmar 学会と訪問記

Defense capacity of cauliflower plants grown under ozone-enriched atmosphere and soil Nitrogen deposition, The 3rd Myanmar-Japan international symposium

12月9日 小池孝良 キノコ生産を増進する間伐の効果ースペイン東北部を例にー

Immediate effect of thinning on the yield of Lactarius group deliciosus in Pinus pinaster forests in Northeastern Spain,by J.A. Bonet, S. de-Miguel, J. Martínez de Aragón, T. Pukkala, M. Palahí, 2012, Forest Ecol and Manag. 265: 211-217. filekoike 昼ゼミ161209.pdf

12月2日 井上 航

11月25日 小林壱徳久 Quantifying Resilience: 生態系サービスへの撹乱の影響と回復・再生

Searching for resilience: addressing the impacts of changing disturbance regimes on forest ecosystem services
by Rupert Seidl,Thomas A. Spies,David L. Peterson,Scott L. Stephens,Jeffrey A. Hicke: Journal of Applied Ecology 53:120-129.&ref(): File not found: "小林20161125.pdf" at page "Luncheon seminar 2016";

11月18日 藤田早紀 北京林業大学への短期留学記

IUFRO Asia-Oceania workshopの参加記録など

11月11日 菅井徹人 高CO2とポットサイズ効果再考

Richard B. Thomas Boyd R. Strain (1991) Plant Physiology 96: 627-634
Root Restriction as a Factor in Photosynthetic Acclimation of Cotton Seedlings Grown in Elevated CO2
内容はこちら file菅井-161111CO2.pdf

11月04日 堀口翔平 

木場・新木場見学記

10月21日 菅井徹人 窒素沈着の昨今

Nitrogen deposition 〜current situation & research〜,file菅井-160715_N.pdf

10月14日 和田尚之 My summer vacation!

本州林業現場の見学と林業現場の現場からの報告(写真が重く、結構、割愛しています:責任は小池孝良にあります)
file和田161014.pdf

10月7日 汪 雁楠 アベマキ移植時の施肥の有効性の検討

農学部姉妹校・北京林業大学での卒業研究から:file汪161007.pdf

 新学期(新3年生と新M1を迎えて)

9月24日 OB香山雅純さんを迎えて

8月5日 Dr. Shahenda Abu EL-ELA Ali (カイロ大学・理学部環境ー昆虫学講師)

エジプト政府派遣;ありがとうございました。詳細な飼育試験によって、展望が開けました。fileShahenda160805.pptx

7月29日 小池孝良 被食防衛の個体発生に伴う変化

申し訳ない限りです!解釈を間違えました。resistance の意味を完全に間違えて解釈しました!すいません。
Karina Boege,* Rodolfo Dirzo,David Siemens and Paul Brown Ecology Letters (2007) 10: 177–187
Ontogenetic switches from plant resistance to tolerance: minimizing costs with age?
リベンジはキットします!!!file小池-160729.pdf

7月15日 菅井徹人 窒素の話題2件

1)Consequences of atmospheric nitrogen deposition in terrestrial ecosystems: old questions, new perspectives
2)2.N deposition potentially contributes to oak regeneration failure in the Midwestern temperate forest of USA
Oecologia (2015) 177:1-3, 53-63. Hormoz BassiriRad? (Illinois Univ., Biological Sciences)John F. Lussenhop, harbans L. Sehtiya, Kara K. Borden.
前半の詳解と概要はこちら→ file菅井160715.pdf

7月8日 田 寧子 南開大学生命科学院2年 GHGsへおよぼす窒素沈着

A review of nitrogen enrichment effects on three biogenic GHGs: the CO₂ sink may be largely offset by stimulated N₂O and CH4 emission. by Lingli Liu & Tara L. Greaver: Ecology Letters, (2009) 12: 1103–1117 doi: 10.1111/j.1461-0248.2009.01351.x fileTian 160708.pdf聴講生、お疲れさま

6月24日 藤田早紀

6月10日 森林療法  

堀口翔平 高血圧は、α−ピネンで低下する!? 

5月27日 

和田尚久

5月20日 安全講座 受講(研究室必須)

5月13日 樹皮識別のプログラミング

小林壱徳久 &ref(): File not found: "小林昼ゼミ160512.pdf" at page "Luncheon seminar 2016";

5月6日はお休み

4月22日 Ozone impedes the ability of a herbivore to find its host.

IOP Science, Environmental Research Letters; Jose D Fuentes, Tai H Roulston, John Zenker (2013) 増井 昇 file増井-Y字型.pdf

4月15日 森林学会「報告菌根菌研究会」見聞録

渡部祥代 file渡部昼ゼミ160415.pdf

2015年度はこちら

2014年度はこちら

2013年度はこちら

2012年度はこちら

2011年度はこちら

2010年度はこちら

2009年度はこちら

2008年度はこちら

Topへ戻る


添付ファイル: filekoike 昼ゼミ161209.pdf 325件 [詳細] file菅井-161111CO2.pdf 363件 [詳細] file菅井-160715_N.pdf 477件 [詳細] file小池-160729.pdf 362件 [詳細] fileShahenda160805.pptx 273件 [詳細] file菅井160715.pdf 378件 [詳細] file汪161007.pdf 330件 [詳細] file和田161014.pdf 347件 [詳細] fileTian 160708.pdf 819件 [詳細] file堀口昼ゼミ160610.pptx 279件 [詳細] file渡部昼ゼミ160415.pdf 389件 [詳細] file増井-Y字型.pdf 455件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2019-09-25 01:36:44 (水)
Luncheon seminar 2016