◇ 第67回北方森林学会

【期間・場所】
2018年11月15日
札幌コンベンションセンター(札幌市白石区)

【シンポジウム】
「人口減少時代における森林管理のありかた」
司会:澁谷正人(准教授)

【口頭発表】
小池孝良(特任教授)
「摩周湖外輪山の衰退ダケカンバ林への森林美学的とり組み方」

【ポスター発表】
斎藤秀之(講師)
「ブナの健全性指標におけるリボソームRNAの可能性」

増井昇(修士2年)
「大気オゾン増加でのシラカンバ幼木の食害とハンノキハムシ誘因性成分(BVOC)の探索」

樋口亮(修士1年)
「ブナの葉緑体全ゲノムの塩基配列決定と構造解析」

馬場俊希
「クマイザサのシュート成長と花成遺伝子に及ぼす施肥の影響」
学生ポスター賞受賞

野中佳祐
「開放系オゾン付加施設における落葉分解と中型土壌動物」

横山聡子
「グイマツ雑種F₁苗の成長に対する踏圧と窒素沈着の影響」
学生ポスター賞受賞


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2021-11-08 19:01:56 (月)
研究紹介/第68回北方森林学会