FrontPage

学生の学外体験記録−インターンシップ等報告−

日向潔美 インターンシップ報告:(独)森林総合研究所北海道支所にて、2年間に渡って半年ずつ人工気象室での材料の育成方法を研修しました。研修期間中には、実験の方法、研究所での仕事など、将来の仕事に関心が深まりました。 森林総研人工気象.jpg

笠小春 非常勤の仕事:(独)森林総合研究所北海道支所にて、森林施業管理のデータ入力などに係わる仕事に三年間従事しています。最近はコンテナ苗の育成にも携わっており、現場に直接活かされる技術に触れられることが大変面白いです。 大学にはない林業機械に関する作業補助に参加させてもらったり、伐採の現場を見たりする中で、どのようにこれからの林業を方向付けるべきか考えるきっかけとなりました。 森林系のみなさんはさすが森林!という雰囲気で、休憩時間や移動時間もとても過ごしやすいです。 海外出張を含めて様々なお話を聴くことができるので、いつも楽しいです。

浦田格(M2)・伊藤寛剛・及川聞多・小出智也・小島沙織(B3):北海道森林管理局渡島森林管理署の保護林緊急対策事業「ガルトネルブナ保護林の生産力評価」に関する調査研究に参加しました(2009年11月12日〜14日)。ガルトネルブナ保護林は北海道七飯町にあるブナ人工林で、幹が太くて真っ直ぐで樹高が30mを超すブナの姿は圧巻でした。樹高や胸高直径の毎木調査をしながら現場で働く森林管理署の皆さんの森・樹木の見方を実地で伺い体感できたことは新鮮で貴重な経験でした。測定したデータを解析して、もう一度、ガルトネルブナ林を訪れ管理署の皆さんと意見交換をしてみたいと思っています(2009年12月,参加者一同)。


添付ファイル: file森林総研人工気象.jpg 458件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2010-01-06 22:09:51 (水)
インターンシップ