第56回大会

末尾に*が付記されている発表は、発表のみで論文集への掲載はされておりません。

特別講演会

世界の森林状況―FAOによる最新の森林評価から. 石弘之 (北海道大学公共政策大学院・特任教授)

造林1

  1. ニセアカシア人工林における植物種多様性. 真坂一彦1・山田健四1 (1.北海道立林業試験場)*

  2. ニセアカシアの侵入初期過程における根系動態−天塩・中川・札幌研究林での予備調査−. 松並志郎1・小林真1・里村多香美2・渡邊陽子2・菅田定雄2・市川一2・北条元2・山ノ内誠2・門松昌彦2・秋林幸男2・笹賀一郎2・小池孝良1 (1北大院農,2北大FSC)

  3. ニセアカシア時期別伐採後の萌芽枝の成長. 山田健四1・真坂一彦1 (1北海道立林業試験場)*

  4. 冠水する河畔に植栽されたニセアカシアの生育状況. 長坂有1 (1北海道立林業試験場)

  5. 外来種ニセアカシア種子の発芽特性と種皮の不透水性. 唐木貴行1・近藤哲也2・渡邊陽子3・門松昌彦3・秋林幸男3・笹賀一郎3・斎藤秀之2・渋谷正人2・小池孝良2 (1北大農, 2北大院農, 3北大FSC)

  6. 高CO2環境下で生育する冷温帯落葉広葉樹の水分通道と木部構造の変化. 江口則和1・里村多香美2・渡邊陽子2・北岡哲3・上田龍四郎4・高木健太郎2・船田良5・日浦勉2・笹賀一郎2・小池孝良1 (1北大院農, 2北大FSC, 3森林総合研究所北海道支所, 4北海道ダルトン, 5東京農工大院共生科学)

  7. 火入れ処理が北海道のササ地における土壌のリンと窒素の動態へ与える影響. 小林真1・金容ソク1・松井克彦2・野村睦3・柴田英昭3・里村多香美3・上浦達也3・北條元3・高橋廣行3・小塚力3・坂井励3・高木健太郎3・佐藤冬樹3・笹賀一郎3・小池孝良1 (1北大院農, 2北大院地球環境, 3北大FSC)

  8. 開放系大気CO2増加 (FACE) 環境下で生産された落葉を摂食するワラジムシの飼育試験. 松井克彦1・上里季悠1・江口則和2・柴田英昭3・市川一3・菅田定雄3・佐藤冬樹3・笹賀一郎3・小池孝良2 (1北大院地球環境, 2北大院農, 3北大FSC)

  9. 北大苫小牧研究林に更新したチョウセンゴヨウ稚樹の光合成特性. 池 東1・北岡哲2・崔東壽3・日浦勉4・李明鐘5・小池孝良1 (1北大院農, 2森林総合研究所北海道支所, 3東京農大, 4北大FSC, 5韓国・江原大山林科学)

  10. 高CO2処理がアカエゾマツの開葉と光合成活性に及ぼす影響. 北尾光俊1・北岡哲1・上村章1・宇都木玄1・飛田博順1 (1森林総合研究所北海道支所)

  11. ハンノキ属樹木の光合成活性に及ぼす乾燥、リン供給量、高CO2の影響. 飛田博順1・上村章1・北尾光俊1・北岡哲1・宇都木玄1・ (1森林総合研究所北海道支所)

  12. 札幌市郊外の落葉広葉樹林における地上部非同化部呼吸量の推定. 宇都木玄1・飛田博順1・北尾光俊1・上村章1・北岡哲1・坂田匡司1・飯田滋生1・渡辺力2 (1森林総合研究所北海道支所, 2北大低温科学研究所)

造林2

  1. 31年生グイマツ雑種F1における交配親としてのカラマツの遺伝特性. 市村康裕1・来田和人1・内山和子1・黒丸亮1 (1北海道立林業試験場)

  2. カラマツ人工林における単木レベルの直径成長予測. 八坂道泰1・大野泰之1・中川昌彦1・明石信廣1・福地稔1・清和研二2 (1北海道立林業試験場, 2東北大学)

  3. カラマツ人工林の収量−密度図による新しい収穫予測表. 滝谷美香1・梅木清2・八坂通泰3・大野泰之3・渡辺一郎3・寺澤和彦3 (1北海道立林業試験場道東支場, 2千葉大学大学院園芸学研究科, 3北海道立林業試験場)*

  4. 針広混交林における択伐施業が倒木量および天然更新におよぼす影響. 飯田滋生1・倉本惠生1・松井哲哉1・山口岳広1・飯島勇人2 (1森林総合研究所北海道支所, 2北大院農)

  5. エゾマツの定着に適した倒木の条件の検討〜4年間の生残動態による評価〜. 飯島勇人1・渋谷正人1・斎藤秀之1 (1北大院農)*

  6. シナノキとオオバボダイジュにおける伐採前後の萌芽発生状況. 遠国正樹1・笠原久臣1・木村徳志1・清水目元一1・高橋功一1・中川雄治1・後藤晋1 (1東京大学北海道演習林)

  7. 山火事跡二次林の間伐によるウダイカンバの樹冠発達. 犬飼浩1・高橋功一1・遠国正樹1・中川雄治1・後藤晋1 (1東京大学北海道演習林)

  8. 樽前山山麓2004年18号台風風倒地における2007年度ヤツバキクイムシ類被害状況. 上田明良1・井口和信1 (1森林総合研究所北海道支所)

  9. マツ材線虫病被害木の空中写真判読マニュアル作成の試み. 板垣恒夫1・田代隼人1・黒川朝子1・高橋由起夫1・竹花衛1・中村克典2・中北理3 (1共立航空撮影株式会社, 2森林総合研究所東北支所, 3森林総合研究所)

  10. 樽前山麓の針葉樹人工林における根株腐朽被害の差異. 山口岳広 (1森林総合研究所北海道支所)

  11. トドマツ人工林はエゾシカの越冬地として有効か?. 南野一博1・明石信廣1 (1北海道立林業試験場)

立地・防災

  1. 北海道大学構内の帰化植物の分布および樹木の更新状況. 田中和杏1・山口高志2・助野実樹郎3・春木雅寛4 (1北大院農, 2北海道環境科学研究センター, 3北大院環境, 4北大院地球環境)

  2. 湿地河川の流路内に拡大するクサヨシとその拡大要因について. 片桐浩司1・矢部和夫2・中村太士3 (1北大院農/(株)セ・プラン, 2札幌市立大デザイン, 3北大院農)*

  3. 釧路湿原広里地区のハンノキ林の現状及び変遷と環境要因との関係. 志田祐一郎1・中村太士1・山田浩之1・中村隆俊2・劉大力3・吉村暢彦4・金子正美5 (1北大院農, 2東京農大生物産業学部, 3アルスマエヤ株式会社, 4NPO法人EnVision環境保全事務所, 5酪農学園大学環境システム学部)*

  4. 知床世界自然遺産地域におけるランドスケープ構造の把握. 常盤尚子1・森本淳子1・中村太士1 (1北大院農)*

  5. 農地周辺の緩衝林帯における施工4年後の土壌物理性の変化と植栽木の成長. 長坂晶子1・佐藤弘和1・長坂有1・青柳かつら1 (1北海道立林業試験場)*

  6. 砕石跡地に植栽した広葉樹4樹種の生育. 棚橋生子1・清水一1 (1北海道立林業試験場)

  7. 札幌市郊外落葉広葉樹林における土壌からのCO2放出量の推定−2004年封筒被害前後の比較−. 阪田匡司1・石塚成宏2・宇都木玄1・酒井寿夫1・田中永晴2(1森林総合研究所北海道支所, 2森林総合研究所)

  8. 北限地帯寿都町管内のブナ林と土壌環境について. 春木雅寛1・並川寛司2・板垣恒夫3・松本誠4・蛯沢隆彦5(1北大院地球環境, 2北海道教育大学教育学部, 3技術士事務所森林航測研究, 4後志森林管理署黒松内森林事務所, 5寿都町Club風の学校)

  9. 十勝岳の火山荒原における常緑低木群落の土壌理化学性. 助野実樹郎1・春木雅寛2(1北大院環境, 2北大院地球環境)

  10. 海抜高にともなう森林土壌の炭素貯留量と温度・水分環境の変化−羊ヶ丘実験林と奥定山渓における土壌断面調査から−. 酒井寿夫1・森貞和仁2・相沢州平1・阪田匡司1(1森林総合研究所北海道支所, 2森林総合研究所)

森林技術・経営・林政・利用

  1. 東京大学北海道演習林におけるGPS測位精度の評価. 及川希1・笠原久臣1・尾張敏章1(1東京大学北海道演習林)

  2. 雷別地区国有林における自然再生事業−釧路湿原自然再生協議会における取組−. 中島章文1(1北海道森林管理局釧路湿原環境保全ふれあいセンター)*

  3. 長期観測データによるトドマツ人工林の成長予測. 石橋聡1・佐々木尚三1・高橋正義1(1森林総合研究所北海道支所)

  4. GPS内蔵携帯端末を利用したマツ材線虫病被害木現地誘導システム. 竹花衛1・田代隼人1・黒川朝子1・高橋由起夫1・板垣恒夫1・中村克典2・中北理3(1共立航空撮影株式会社, 2森林総合研究所東北支所, 3森林総合研究所)

  5. 東京大学北海道演習林における100年生カラマツ人工林分の成長経過. 磯崎靖雄1・尾張敏章1・小池征寛1・福岡哲1・及川希1・倉橋昭夫2(1東京大学北海道演習林, 2元東京大学北海道演習林)

  6. 苫小牧国有林における2004年台台風被害と森林施業および土壌との関係について. 高橋正義1・石橋聡1・佐々木尚三1・鷹尾元2(1森林総合研究所北海道支所, 2森林総合研究所)

  7. 林地残材のエネルギー利用に向けた課題. 酒井明香1・渡辺一郎1・木幡康夫1(1北海道立林業試験場)

  8. 環境NPOによる地域の森づくり活動−白老町を事例に−. 松田寿子1(1北大院農)*

  9. 木質バイオマスのエネルギー資源としての評価と課題−5−木質バイオマスからのエタノール生産. 小島康夫1(1北大院農)*

  10. 天然林における択伐作業による林分被害について−日高天然林における被害状況−. 佐々木尚三1・石橋聡1・倉本恵生1・高橋正義1(1森林総合研究所北海道支所)

ポスター

森林技術

  • 択伐跡地における林分変化の推移について. 清水亜広1・戸口田夕子1(1北海道森林管理署知床森林センター). P-1.*

  • 公共緑化における植樹会の季節的, 材料的および施工的な変化について. 斎藤新一郎1(1環境林づくり研究所). P-2.

造林

  • Larix cajanderi成木における心材、辺材および樹皮の垂直構造. 城田徹央1・斎藤秀之1・高橋邦秀1・T.C.Maximov2(1北大農, 2ロシア永久凍土圏生物問題研). P-3.*

  • クマイザサの新葉、旧葉におけるフラボノイド含量の相違. 松田友彦1・山崎雅夫1・西沢信1・鈴木悌司2(1東京農大食品科学科, 2東京農大生物生産学科). P-4.

  • ササ葉フラボン含量に及ぼす環境要因の解析. 山崎雅夫1・松田友彦1・西沢信1・鈴木悌司2(1東京農大食品科学科, 2東京農大生物生産学科). P-5.

  • 葉からの避けられない水損失. 上村章1・飛田博順1・北尾光俊1・北岡哲1・宇都木玄1(1森林総合研究所北海道支所). P-6.*

  • 異なる光環境におけるニセアカシアの光合成特性と季節変化. 兼俊壮明1・江口則和1・北岡聡2・崔東壽3・斎藤秀之1・小池孝良1(1北大院農, 2森林総合研究所, 3東京農工大). P-7.

  • 異なる光環境における落葉広葉樹稚樹3種の樹幹構造の差異. 廣川純也・鈴木悌司(1東京農大生物産業学研究科, 2東京農大生物産業学科). P-8.

  • 針広混交林における択伐集材路跡地の更新−地表攪乱強度と林冠疎開の影響−. 倉本恵生1・佐々木尚三1・飯田滋生1・飯島勇人2・阿部真1・石橋聡1(1森林総研北海道支所, 2北大院農). P-9.*

  • 開放系大気CO2付加実験施設(FACE)で生育した冷温帯主要落葉樹の光および窒素利用特性. 北岡哲1・江口則和2・宇都木玄3・北尾光俊3・飛田博順3・上村章3・加藤光多4・竹内裕一4・上田龍四郎5・笹賀一郎6・小池孝良6(1森林総合研究所北海道支所, 2北大院農, 3森林総合研究所北海道支所, 4北海道東海大学工学部, 5北海道ダルトン, 6北海道大学北方生物圏FSC). P-10.

  • 異なる地かき方法による流出土砂量の考察. 松本信二1(1北海道森林管理局森林技術センター). P-11.*

  • カラマツ伐採跡地における広葉樹の更新状況. 今博計1・真坂一彦1・佐藤創1・阿部友幸2(1北海道立林業試験場, 2北海道立林業試験場道南支場). P-12.

  • ミズナラ天然林からの距離が隣接する造林地への広葉樹の侵入に及ぼす影響. 大野泰之1・来田和人1・八坂道泰1・山田健四1・中川昌彦1・市村康裕1・内山和子1(1北海道立林業試験場). P-13.

  • RAPD法から見た北海道におけるクロミサンザシの地理的変異. 脇田陽一1・八坂道泰1・山田健四1・真坂一彦1・佐藤孝夫1(1北海道立林業試験場). P-14.

  • 市民参加型植林における樹種選択と苗木調達範囲について〜野幌国有林の事例〜. 萩原裕1・糸瀬裕行1(1北海道森林管理局石狩地域森林環境保全ふれあいセンター). P-15.

  • 多様性のある森づくりと学習教育. 高橋忠1(1北海道森林管理局駒ケ岳・大沼森林環境保全ふれあいセンター). P-16.*

保護

  • 弟子屈町カラマツ人工林におけるニホンカラマツヒラタハバチの動態解析. 坂西由加理1・鈴木悌司2・原秀穂3(1東京農大院生物, 2東京農大生物, 3北海道立林業試験場). P-17.

  • オホーツクの森自然再生モデル事業の取り組みについて. 国沢修1・辻喜代志1・石橋暢生1(1北海道森林管理局常呂川森林環境保全ふれあいセンター). P-18.*

防災・立地

  • シラカンバが優占する落葉広葉樹林のCO2フラックス観測(III)−2005年,2006年のCO2フラックスの季節変化−. 北村兼三1・山野井克己1・中井裕一郎2・鈴木覚2(1森林総合研究所北海道支所, 2森林総合研究所). P-19.*

  • 定山渓理水試験地における降雨出水時の渓流水中の溶存イオン濃度の変化. 相沢州平1・酒井寿夫1・阪田匡司1・北村兼三1・山野井克己1・田中永晴2(1森林総合研究所北海道支所, 2森林総合研究所). P-20.

  • 流域スケールにおける大型有機物片(倒流木)流出量の違いとその原因解析. 徐正一1・中村太士1(1北大院農). P-21.*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-04 (木) 09:55:30 (4355d)