Luncheon seminar 2014 〜弁当片手に耳学問♪〜

事前に、このページで紹介予定の文献等を紹介します。 連絡:渡辺花観(Watanabe Hanami)へ。 どなたでも自由にご参加ください。お弁当を持っていらして下さい。場所は北大農学部N356、金曜日のお昼です! (12:05-12:50)。
8月、9月は夏休み。毎年、年始は3年生の登場!関心のある方は、ふるってご参加下さい。

発表の申込みは、世話人:  10月〜渡辺花観(Watanabe Hanami) Tel. 011-76-2523 (呼び出し)へ 〜7月一杯、戸田真理子(Toda Mariko)−留学中。

2915年は、3年生が報告します。1月16日センター試験のためお休み(入構禁止)

 2月6日 今年度最終会、菅井徹人、堀口翔平

菅井(Sugai) Effects of elevated atmospheric CO2 concentration on the nutrient uptake characteristics of Japanese larch (Larix kaempferi), by Takuro SHINANO,Takuya YAMAMOTO,Keitaro TAWARAYA,Masaru TADOKORO,Takayoshi KOIKE and Mitsuru OSAKI, Tree Physiology 27,97-104(2007) 解説はこちら file菅井-昼ゼミ2015.pdf

堀口(Horiguchi)

 1月30日 和田尚之

Geographical variation in climatic cues for mast seeding of Fagus crenataby Takashi Masaki, Teruki Oka, Katsuhiro Osumi,Wajiro Suzuki, Population Ecology (2008) 50:257-366, 解説はこちら file和田-昼ゼミ.pdf

1月23日 藤田 早紀

Plant kin recognition enhances abundance of symbiotic microbial partner, by Amanda L. File, John Kilronomos, Hafiz Maherali, Susan A. Dudley, PLOS one, 2012, DOI: 10.1371/journal.pone.0045648, 解説はこちら file藤田-昼ゼミ.pptx

 1月9日 井上 航

Characteristics of Defense Chemicals of Mountain Alder Seedlings Raised under Elevated CO2 and Nitrogen Supply. by T.Koike T.Shibata T.T.Lei S.Matsuki H.Tobita, M.Kitao N.Yamashita A.M.Quoreshi Y.Maruyama 1.10.2005, Phyton (Austria) 解説はこちら file井上昼ゼミ150109.pdf

12月19日 渡辺花観

新潟の海岸林の紹介、対策を!file渡辺-昼ゼミ141219.pdf

12月12日 鈴木優輔

Patterns of branching and extension growth of vigorous saplings of Japanese Acer species in relation to their regeneration strategies. Sakai S (1987) Canadian Journal of Botany 68: 1578-1585, 解説は、 file鈴木−昼ゼミ20141212.pptx

12月5日 中止

11月28日 小向 愛

花を咲かせるホルモンとその遺伝子の研究 解説は、 file小向昼ゼミ 141128(1).pptx

Epigenetic performers in plants by;Ming Chen, Shaolei Lv and Yijun Meng The Japanese Society of Developmental Biologists Develop. Growth Differ.,(2010),52:555–56、解説は、file小向昼ゼミ 141128(2).pptx

11月21日 BVOCの測定例 崎川哲一

乾 雄人・楠窪 慶彦・西村 弘・近藤 明・井上 義雄:グロースチャンバー実験による オゾン暴露時の樹木からの BVOC排出量の影響評価.解説はこちらfile崎川-昼ゼミ141120.pdf

11月14日 孟凡康

Tansley reviews:A worldwide analysis of within-canopy variations in leaf structural, chemical and physiological traits across plant functional types.New Phytol; 656–669,doi: 10.1111/nph.13096

11月 7日 蟹江沙耶子

「開放系オゾン付加施設で育成したシラカンバ幼木の光合成特性」北方森林学会63回大会 発表ゼミ

10月31日 加藤幹大

Long-term trends in trunk diameter and tree height growth in planted forests in the humid tropics of West Java, Indonesia、Motoshi Hiratsuka, Takeshi Toma, Nina Mindowati, Ika Heriansyah, Yasushi Morikawa,Tropics Vol.17 51-58 解説はこちら file昼ゼミー加藤141031.pdf

10月24日 佐藤郷 ササと更新の事例

Shinichi Tatsumi and Toshiaki Owari:Modeling the effects of individual-tree size, distance, and species on understory vegetation based on neighborhood analysis.Canadian Journal of Forest Research, 2013, 43(11): 1006-1014, 10.1139/cjfr-2013-0111 (詳細は)
解説はこちら file佐藤-昼ゼミ20141024.pptx

10月17日 小杉陵太 撹乱後の森林再生 ーアメリカ東海岸の例ー

Reconstruction of a mixed-species forest in central New England. Chadwick D.Oliver & Earl P. Stephens Ecology (1977) 58: pp. 562-572, 解説はこちら file小杉−昼ゼミ141017.pdf 北海道の森林と酷似した森林の再生過程。古典とも言える文献!Allogenic vs. Autogenic regenerationの差異など。

7月25日 小向 愛  14Cを利用した種子生産と貯蔵養分

Are stored carbohydrates necessary for seed production in temperate deciduous trees? Journal of Ecology 101: 525–531,by Tomoaki Ichie, Shuichi Igarashi, Shohei Yoshida, Tanaka Kenzo, Takashi Masaki and Ichiro Tayasu、解説はこちら file小向−昼ゼミ260725.pptx

7月18日 小杉陵太 風害後の森林再生

Species and stand response to catastrophic wind in central New England, U.S.A. by David R. Foster, Journal of Ecology (1988), 76, 135-151 解説はこちら file小杉−昼ゼミ260718.pdf

7月11日 松本直幸 雪ぐされ病の研究

植物病理学会記念講演: Life-history strategies reflected in the sclerotium of Typhula spp. 解説はこちら file松本260711.pdf

6月13日 佐藤 郷 冷温帯林の更新

The spatial pattern and canopy-understory association of trees in a cool temperate, mixed forest in western Japan、N. Akashi,Ecological Research, 01/1996; 11(3):311-319. DOI: 10.1007/BF02347788, 解説はこちら file佐藤260613.pptx

5月31日 渡辺花観 マツ材線虫病の拡散モデル

Modeling the speed of pine wilt disease caused by nematodes with pine sawyers as vector by:Akiko Yoshimura, Kohkichi Kawasaki,Katsumi Togashi, Kazuyoshi Futai, Nanako Shigesada (1999)Ecology 80:1691–1702. 要旨は file渡辺花0530.pdf

5月23日 ??

5月16日 荒木基二

5月9日 Wang Xiaona (王 暁娜)

Ectomycorrhizal richness and growth of the hybrid larch F1 under elevated O3 and CO2

5月2日 Kam Dongyu

Plantation in Cambodia, coopefrative study fileKamDG-Cambodia.pdf

4月25日 加藤幹大

Edi MIRMANTO, Shiro TSUYUZAKI, Takashi KOHYAMA, Toropics: Investigation of the Effects of Distance from River and Peat Depth on Tropical Wetland Forest Communities  file加藤-昼ゼミ4月25日.pdf

4月18日 崎川哲一

Plant stress and insect behavior: Cottonwood, ozone and the feeding and oviposition preference of a beetle by Clive G. Jones and James S. Coleman (1988) Oecologia 76:51―56, file崎川0418(Jones).pdf

4月11日 Agathokleous, Evgenios (アガトクレオス、エフゲニオス) 

アテネ農業大学出身、ギリシャの風景も紹介します(少し)。
Studies on crop species response to O3 pollutant in Greece and their protection ゼミの様子は、Evgゼミ.JPG

2013年度はこちら

2012年度はこちら

2011年度はこちら

2010年度はこちら

2009年度はこちら

2008年度はこちら

Topへ戻る


添付ファイル: file藤田-昼ゼミ.pptx 934件 [詳細] file菅井-昼ゼミ2015.pdf 417件 [詳細] file和田-昼ゼミ.pdf 625件 [詳細] file井上昼ゼミ150109.pdf 573件 [詳細] file渡辺-昼ゼミ141219.pdf 441件 [詳細] file鈴木−昼ゼミ20141212.pptx 864件 [詳細] file崎川-昼ゼミ141120.pdf 1035件 [詳細] file小向昼ゼミ 141128(2).pptx 1243件 [詳細] file小向昼ゼミ 141128(1).pptx 794件 [詳細] file昼ゼミー加藤141031.pdf 558件 [詳細] file佐藤-昼ゼミ20141024.pptx 459件 [詳細] file小杉−昼ゼミ141017.pdf 586件 [詳細] file小向−昼ゼミ260725.pptx 772件 [詳細] file佐藤260613.pptx 609件 [詳細] file松本260711.pdf 849件 [詳細] file小杉−昼ゼミ260718.pdf 631件 [詳細] file渡辺花0530.pdf 994件 [詳細] fileKamDG-Cambodia.pdf 582件 [詳細] file加藤-昼ゼミ4月25日.pdf 673件 [詳細] file崎川0418(Jones).pdf 633件 [詳細] fileEvgゼミ.JPG 721件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2015-02-08 13:58:12 (日)
Luncheon seminar 2014