森林の保全生態

保全生態学という体系は、林学(森林科学)が「保続」という森林経理学(Forest Management)の用語で、林学が最も重視して追求してきた概念に近い。◎以下、右端の矢印(↑)をクイックするとtopへ戻ります◎

概念の理解と経緯

1989年、カルフォルニア大学(UC)のHelms林学科長を訪問し、部屋のレリーフを見た時、森にシカがいてトリが飛んでいることは理解したが、渓流にサカナがはねる姿に驚いた(下図左の下方)。サカナと森林との関連を質問したら、“何を聞いているのか解らない”という表情をされ、「私たちはGame Management(≒狩猟)も含め、森林のConservation(保護・管理、利用しながら護る)をしているので、その象徴です。」と言われた。UCの造林学は木材生産一辺倒を目標に据えていると考えていたので意外であった。この理由は、彼らのテキストPrincipals of Silviculture [by Baker et al., 北海道造林の指針を建てたOB原田泰博士が強く影響を受けた著書でもあるが、そこで]は、東海岸のテキストPractice of Silviculture(理念的で哲学っぽい)と比較すると生産環境と樹木の生理応答を基礎に工学的木材生産を主張していたからである(私の一言;原田泰を参照)。
UCの概念.jpg       Redwood.jpg

UCのExtension(科学技術を森林組合等へ紹介する業務;日本にはないシステム)の友人R.Harris博士の「講義」は、バンにホワイト・ボードをつみこみ林家の軒先で講義開始。裏山の根株を堀取るかどうかを「講義材料」に、小動物のタネの分散に関わる活動を紹介して「保全」を教育する。(外来種の)小枝をかざして名前を問い、その由来を紹介して主力樹種(Redwood;上図右)と郷土種(Endemic species)の重要性を説く。製材会社をスポンサーに高校・中学・小学校教師の森林資源管理の一泊二日の環境教育を企画。米国カルフォルニア州の徹底した森林資源管理の一端を見た。

意義

移入種問題については、OG山下直子博士(森林総研・関西)の学位請求「小笠原に侵入した木本種アカギの生理生態と環境保全に関する研究 」(2002年)を拝読して以来、強い関心を持っている。そして(file森林保護学1.pdf)でもマツノザイセンチュウ病を例に「侵入種・移入種・外来種」問題と環境収容力について、問題点を投げかけてきた(下図右)。現在、モデル植物としてニセアカシアを取り上げ、移入種について生理生態学的な特性解明を中心に研究を展開している(後述)。

大気汚染(窒素沈着量増加)や温暖化現象の顕在化に伴い、広域の変動環境が生物間相互作用にどのように影響するかを解明し、それらを基礎に森林生態系の保全と修復を進めるべきであろう。一方、森林域には絶滅の危惧される多くの生物が生息する(環境省のレッドデータブックによると、約47%が森林を生息域にしている)。このかけがえのない種の生息環境としても、後世代のために生命の約36億年の歴史を担っている生物・遺伝資源の宝庫として、保全されるべき森林の重要性は強調してもしすぎることはない。

侵入種ニセアカシア

檜山研究林の所在地、上ノ国役場からの問い合わせによってニセアカシアを意識し始めた。「最近、ニセアカシアの混じった黒松林が弱っている。海岸林だから心配だ。どうしたらよいか?」「マメの仲間ですから、土地が痩せている時は勢いがありますが、(共生している根粒菌によって)土壌の窒素分が増えて来ると衰退しますよ。ただ、クロマツも元気がなくなるので、手入れが必要かも知れませんね。」と返事した。今になってみれば、クロマツが海岸林の機能を担っているので「ニセアカシアを除去し、落ち葉掻きをすべき」と答えるべきであった。しかし黒松林による景観を維持するのでなければ、耐陰性のあるカエデ類が既に混交しているので、それを育成することも一案である。
黒松ニセアカシア.jpg      厚沢部河川敷.jpg
上ノ国町の海岸クロマツ林                  北海道南部・厚沢部川を彩るニセアカシアの猛威

イネのような外来種は先史外来種として、その土地柄になじんでいるので問題に成っていない。しかし、最近のニセアカシアへの注目度は大きく、もし特定外来種に指定されると根絶しなくては成らなくなる。新・生物多様性保全国家戦略に関連して外来生物法(2006年)-特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律が発布された。この背景の中、1873年に導入されて以来、緑化樹・密源植物として利用されてきたニセアカシア(真坂ら2006)が、その旺盛な繁殖力によって在来種を駆逐し生態系に悪影響を与える「種」として取り上げられた。
2010年には、産業管理外来生物:適切な管理が必要な産業上重要な外来種。産業並びに生業の維持又は公益性において重要で、代替性がなく、その利用にあたっては留意事項に沿って適切な管理を行うことが必要な外来種,と位置づけられた。 【参考文献】

ニセアカシア導入と保全生態への取り組み

1921年、北大第二基本林(中川研究林)の歌内地区の山火事跡地の再生にニセアカシアが導入された。この場所は蛇紋岩土壌が卓越しており、ニセアカシアの導入によって土壌は初めて安定した。最近の調査の結果では植栽した場所から天塩川への「逃亡」はほとんど認められなかった(森林生態系管理学研究室−小南遼氏・森本淳子講師)。林道には若木が旺盛な成長を見せるが(下左図)、林内では老木がかろうじて繁殖活動をしている(下中図)。OB真坂氏(北海道立林業試験場)らの調査地・鉄道防雪林内にも更新しているニセカシアに驚異を感じる(下右図)。現在、萌芽による成長特性(松並志郎氏)、タネの発芽の生理・解剖学(唐木貴行氏と渡邉陽子博士、近藤哲也教授)、光合成生産過程(兼俊壮明氏・OB崔東壽博士)の研究が進展中である(小池ら 2009)。なお、森本・真坂氏らを中心に、小南・唐木氏ら大学院生らの手作りによる「ニセアカシア研究会(仮)」が始動した。期待がふくらむ。要注意外来種とされたニセアカシアの特徴を見極めたい。そして・・・。
最近、森林保護学で「活躍」したニセアカシアが湿気の多い、北海道らしくない雪によって、倒れた。毎年、学生さんに話題を提供してくれた個体だっただけに悲しい。緑の風・木枯らしH21年1月8日の記事:ニセアカシア倒壊;

中川林道.JPG       中川ニセアカシア老木.jpg     トウヒ林内ニセアカシア.JPG
中川研究林・林道へ更新            80年を越えた老木の樹冠部     相対光強度5%以下に更新。ギャップで成長

ニセアカシアうどん粉病.JPG       うどん粉病胞子嚢.JPG     うどん粉病原因.JPG
ニセアカシアはウドンコ病に罹る       ウドンコ病の胞子嚢群(宮本さん提供)     ”胞子散布開始”(唐木さん提供)

*タネの特徴 なお、Karaki et al.(2012)は、タネの散布時期に注目して、硬実種子とされるニセアカシア種子の発芽の特徴を種阜の存在に注目して解明した。さらに、結実、散布、発芽の流れをモデル的に解明した。

ニセアカシア種阜.JPG     ニセアカシア分散.JPG ニセアカシア拡大.JPG
種阜の存在(*部)          ニセアカシアの莢と成熟過程        ニセアカシアの分布拡大のモデル

【参考文献】

北上するマツノザイセンチュウ

初めにも紹介したが、海岸林の主要構成樹種は、襟裳岬に代表されるようにクロマツである。そしてクロマツはマツノザイセンチュウ病には感受性が高い。外来種が猛威をふるう例である。(*) ベクター(媒介昆虫)であるマツノマダラカミキリの生活環は平均気温14℃によって制限されている。従って、進行する温暖化に備えた海岸林などの森造りを急がねばならない。

森林生理生態へ戻る


添付ファイル: fileニセアカシア拡大.JPG 324件 [詳細] fileニセアカシア分散.JPG 294件 [詳細] fileニセアカシア種阜.JPG 285件 [詳細] fileうどん粉病胞子嚢.JPG 968件 [詳細] fileニセアカシアうどん粉病.JPG 981件 [詳細] fileうどん粉病原因.JPG 990件 [詳細] fileトウヒ林内ニセアカシア.JPG 1050件 [詳細] file中川ニセアカシア老木.jpg 1022件 [詳細] file中川林道.JPG 1027件 [詳細] file襟裳岬.jpg 1039件 [詳細] file発病トライアングル.jpg 1092件 [詳細] file黒松ニセアカシア.jpg 1045件 [詳細] file厚沢部河川敷.jpg 1014件 [詳細] fileRedwood.jpg 1076件 [詳細] fileUCの概念.jpg 1031件 [詳細] file森林保護学1.pdf 1646件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2016-01-18 21:33:31 (月)
保全生態