摩周湖のダケカンバ衰退調査

 北海道東部の弟子屈町に位置する摩周湖は、人気の高い観光地ですが、近年その外輪山でダケカンバの衰退現象が顕在化しています。一方で摩周湖外輪山では、近隣に原因物質の発生源がほとんどないのにもかかわらず、春先を中心にオゾン濃度が高いことが、近年明らかになってきました。そこで2009年度より、摩周湖のダケカンバ衰退調査を、特にオゾンとの関係に着目して調査を開始しました。現地で行っている主な調査は以下の2点です。

/蠡猝擇寮戸生態学的な特徴の把握(野外調査)
▲ープントップチャンバー実験(オゾンがカバノキ属の稚樹の成長および光合成に与える影響調査)

 この調査は北海道総合研究機構 環境科学研究センター・北海道大学北方生物圏フィールド科学センターとの共同研究で、オゾン以外にも摩周湖の大気環境として酸性霧やエアロゾルなどのモニタリングも行われています。

 また、ダケカンバのオゾンに対する応答に関する基礎的な情報が不足していることから、2010年度より北海道大学札幌研究林実験苗畑においてオープントップチャンバーによるオゾン暴露実験を行っています。ここでは同じカバノキ属のシラカンバとウダイカンバ(高級材としても重要)も同時に実験に供試し、オゾン感受性の樹種間差異の比較実験を行っています。

衰退木の調査.JPG 摩周湖OTC.JPG 

<関連論文>

戻る


添付ファイル: file摩周湖OTC.JPG 518件 [詳細] file衰退木の調査.JPG 509件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2013-06-18 15:25:58 (火)
渡辺誠/摩周湖のダケカンバ衰退調査