学会発表

–国際学会での発表-

–口頭発表-

Makoto, K., Nemilostiv, Y.P., Kajimoto, T., Matsuura, Y., Yoshida, T., Satoh, F., Sasa, K., Koike T. (2010) Effects of frequent surface fires on the forest structure & carbon stock in mixed conifer-broadleaved forests, southern part of Russian Far East. 23rd IUFRO World Congress. Soeul, Korea. 27th August, 2010.

Makoto, K., Kamata, N., Kamibayashi, N., Nakau, K., Fukuda, M., Tani, H. (2009) Evaluation of tree eco-physiological parameters with special reference to interactions between insect outbreak & wild fire in spruce forests, southern Alaska. Ann.meeting of IARC-JAXA Information System. Hakodate, Japan. March, 2009.

Makoto, K., Nemilostiv, Y.P., Kajimoto, T., Matsuura, Y., Yoshida, T., Satoh, F., Sasa, K., Koike T. (2006) Regeneration and the recovery of aboveground biomass after forest fires in mixed conifer-broadleaf forests, Far Eastern Russia. The Core-to-Core Joint Symposium. Blagoveshchensk, Russia. October, 2006 (Invited paper).

Makoto, K., Bruanin, S.V., Serikawa, K., Kushida, K., Kajimoto, T., Matsuura, Y., Zryanova, O.A., Yaborov, V.T., Nemilostiv, Y.P., Yoshida, T., Satoh, F., Sasa, K., Koike, T. (2006) A cooperative study on the effect of forest fires on forest carbon flux in Amurskaya oblast: A hot spot of the man-made frequent fires. First International Northeast Asia Forest Fire Conference, Khabarovsk, Russia. October, 2006.

–ポスター発表-

Sato K., Makoto K., Saito H., Shibuya M., Koike T.; Combination effects of understory dwarf bamboo and gap formation on tree regeneration in a post-fire deciduous broad-leaved forest in northern Japan. 23rd IUFRO World Congress. Soeul, Korea. 27th August, 2010.

Mao, Q.Z., Watanabe, M., Makoto, K., Kita, K., Imori, M., Koike, T. (2010) Ecophysiological responses of the hybrid larch F1 to nitrogen and phosphate applications. 23rd IUFRO World Congress. Soeul, Korea. 27th August, 2010.

Makoto, K., Bruanin, S.V., Nemilostiv, Y.P., Prokopchuk, V.F., Kajimoto, T., Matsuura, Y., Yoshida, T., Satoh, F., Sasa K., Koike, T. (2008) The carbon accumulation rate in mixed conifer-broad leaved forests in the southern part of Russian Far East. The First International Symposium on Arctic Research (ISAR-1). 4-6 November 2008, Tokyo, Japan.

Makoto, K., Shibata, H., Kim, Y.S., Satomura, T., Takagi, K., Nomura, M., Satoh, F., Sasa, K., Koike, T. (2008) The effects of charcoal removal on short term soil nutrient dynamics after experimental burning in the Betula platyphylla forests, northern Japan. "The ’88 Fires: Yellowstone and Beyond" in Jackson, Wyoming on September 22-27, 2008.

Makoto, K., Shibata, H., Kim, Y.S., Satomura, T., Takagi, K., Nomura, M., Satoh, F., Sasa, K., Koike, T. (2008) Effects of experimental burning on the soil nutrient concentrations in white birch forest in Hokkaido, northern Japan. The International Conference on Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008 (ICSA2008), 2-6 July 2008, Sapporo, Hokkaido, Japan

Makoto, K., Ji, D., Sasa, K., Satoh, F., Yoshida, T., Koike, T.; Photosynthetic performance in five needles’ pine (Pinus koraiensis) seedlings as affected by the combination of light and nitrogen. EAFES2, Niigata, Japan, March 2006.

–国内学会での発表-

– 口頭発表-

小林真・小池孝良 土壌−植物系におけるBlack Carbon:多様な炭が樹木へ与える影響. 日本生態学会, 自由集会『ブラックカーボンの生態学』-そのブラックボックスへ迫る- 東京, 2010年3月.

小林真・廣部宗・小池孝良・DeLuca? TH・Bruanin SV・Malashko EV・Valentina FV・橋床泰之 ロシア・アムール州の山火事後の森林再生初期過程 -特に針葉樹実生の更新と土壌養分,炭量に注目して- 日本森林学会北海道支部会, 札幌, 2009年11月.

小林真 炭を通じて解く炭を通じて解く― 北方林における山火事頻度の変化と影響メカニズム― 土壌養分と更新樹木への影響メカニズムに注目して. 第120回日本森林学会, 京都, 3月, 2009年(招待講演).

渡辺誠・北岡哲・渡邊陽子・小林真・来田和人・飛田博順・上村章・宇都木玄・小池孝良. 高CO2濃度および窒素付加に対するグイマツ雑種F1の成長および光合成応答 第120回日本森林学会, 京都, 3月, 2009年.

小林真・金容ソク・小島康夫・玉井裕・小池孝良. 土壌中の炭の分布様式がグイマツ実生の成長へ与える影響.日本森林学会北海道支部会, 札幌, 2008年11月.

小林真・金容ソク・松井克彦・野村睦・柴田英昭・里村多香美・上浦達也・北條元・高橋廣行・小塚力・坂井励・高木健太郎・佐藤冬樹・笹賀一郎・小池孝良. 火入れ処理が北海道のササ地における土壌のリンと窒素の動態へ与える影響. 日本森林学会北海道支部会, 札幌, 2007年11月.

小林真・Nemilostiv Y.P.・梶本卓也・松浦陽次郎・鷹西俊和・小塚力・上浦達也・小宮圭司・吉田俊也・佐藤冬樹・笹賀一郎・小池孝良;極東ロシアの針広混交林における近年の山火事レジームが森林の現存量・植生に与える影響.第118回日本森林学会, 福岡, 2007年4月.

小林真・池東・笹賀一郎・佐藤冬樹・吉田俊也・小池孝良; 異なる栄養・光環境下で生育したチョウセンゴヨウ稚樹の光合成特性の評価. 日本森林学会北海道支部会, 札幌, 2005年11月.

など。

–ポスター発表-

小林真・鎌田直人・上村真由子・上林徳久・小池孝良・谷宏. 虫害と山火事の同所的発生が枯死木の分解に与える影響- 南東アラスカ・トウヒ林の事例−. 第121回日本森林学会大会, つくば, 2010年4月.

佐藤香織・小林真・斎藤秀之・澁谷正人・小池孝良 落葉広葉樹林での山火事後の高木類実生の更新に樹冠とササが及ぼす影響. 第121回日本森林学会大会, つくば, 2010年4月.

Mao, Q.Z., Watanabe, M., Makoto, K., Imori, M., Kita, K., Koike, T. Ecophysiological Response of Hybrid Larch F1 to Nitrogen and Phosphate application. 第121回日本森林学会大会, つくば, 2010年4月.

小林真・廣部宗・DeLuca? TH・Bruanin SV・Malashko EV・Valentina FV・橋床泰之・小池孝良 極東ロシアの山火事跡地において炭が制御する実生の更新. 第57会日本生態学会, 東京, 2010年3月.

長谷川由布子・小林真・柴田英昭・高橋廣行・佐藤冬樹・斎藤秀之・渋谷正人・小池孝良. シラカンバ林における火入れが土壌養分と生残木の葉内養分の動態に与える影響. 第120回日本森林学会, 京都, 3月, 2009年.

Kim, Y.S., Makoto, K., Takakai, F., Sibata, H., Takagi, K., Hatano, R., Koike, T. Effect of surface fire on CO2, CH4 and N2O fluxes in white birch forest in northern Japan. 第120回日本森林学会, 京都, 3月, 2009年.

小林真・Kim Yong-Suk・里村多香美・柴田英昭・高木健太郎・野村睦・佐藤冬樹・笹賀一郎 小池孝良;炭は火入れ後の土壌の養分動態にどのような影響を与えるのか?-北海道の森林における火入れ実験の結果より−. 第55回日本生態学会, 福岡 3月, 2008年.

小林真・Zyryanova, O.A.・Masyagina, O.V.・Yaborov, V.T.・Nemilostiv, Y.P.・梶本卓也・松浦陽次郎・鷹西俊和・上浦達也・吉田俊也・佐藤冬樹・笹賀一郎・小池孝良 極東ロシアの針広混交林に発生した山火事後の初期現存量推定.第117回日本森林学会, 東京, 2006年4月.

依頼講演

・極東ロシア南部の針広混交林において山火事が炭の生成を通じて土壌および樹木の更新へ与える影響 at 極東地域研究セミナー「極東ロシアの原野・森林火災」(2009年4月20日 in 富山大学)

・近年の人間活動による北方林への影響 at 森林管理局・北海道庁職員勉強会 「森林を脅かすもの」(2009年12月6日 in 北海道森林管理局)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2010-10-29 23:25:07 (金)
小林真/学会発表