研究紹介/植物生理生態学

硬石山の山火事から6ヶ月

札幌十五島公園近傍、硬石山山腹に発生した山火事から6ヶ月がたった。フィンランド・ヘルシンキ大学の造林学のTimo Kuuluvainenさんとともに、山火事後半年の見学へ出かけた。小池にとっては、1985年のIUFRO以来、3度目の再会であった。彼は数理モデルの得意な方で、お世話になっているSeppo Kellomäki教授(ヨエンスウ大学)の一番弟子。今や山火事大番頭の風格漂う小林真?さんの先導で、現地の見学を行った。姉妹校・ソウル大学からの短期留学生Kim Jiwonさんも同行。2009年から山火事研究が韓国でも山林庁森林研究所とソウル大学の共同で行われるそうだ。
驚いたのは、山火事後に特有のヤマウルシとなんとヤマハギが更新していたことである。埋土種子として待っていたのであろう。

火事の痕跡.JPG火事後半年.JPGハギとウルシ.JPG
6ヶ月が過ぎ、言われないと気づかない。       植物の再生能力に驚嘆します。     山火事後に再生、ヤマウルシとヤマハギ     チモさんとお昼.JPG 十五島公園吊り橋.JPG 大番頭とTimo.JPG~
気持ちの良い昼食、ミズナラの倒木で。        のどかな十五島公園の吊り橋。       タデの仲間が色づく。ササの猛威。

硬石山山火事調査開始
硬石山山火事2ヶ月後
森林生理生態・山火事後試験地へ
山火事大番頭?小林真へ


添付ファイル: file大番頭とTimo.JPG 671件 [詳細] file火事の痕跡.JPG 694件 [詳細] file火事後半年.JPG 691件 [詳細] file十五島公園吊り橋.JPG 709件 [詳細] fileハギとウルシ.JPG 693件 [詳細] fileチモさんとお昼.JPG 689件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2008-11-03 09:34:10 (月)
山火事硬石山6ヶ月後