植物繁殖生態学

樹木は長寿命であり、また花が高い箇所で咲くため、その繁殖特性に関する研究は中々進んできませんでした。しかし、樹木もいつかはその寿命を全うし、次世代に遺伝子を継承します。花が咲き、実を作る過程である、繁殖の特性を明らかにすることは、森林の動態過程を明らかにする上で、非常に重要です。本研究室では、近年重要性が指摘されている落葉広葉樹林の管理に寄与するために、北海道の落葉広葉樹種を対象に、その繁殖特性の検討を行っています。

北海道の落葉広葉樹種の開花フェノロジー

北海道の落葉広葉樹種の自家不和合性の強さ

性表現の異なるヤマグワの繁殖投資量と成長(書きかけです)

ヤマグワはクワ科の亜高木で、東アジアに広く分布しています。 画像 009.JPG dm1 040.JPG

調査地の様子

zrhp画像 016.jpg


添付ファイル: filedm1 040.JPG 1138件 [詳細] file画像 009.JPG 1174件 [詳細] filezrhp画像 016.jpg 1103件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新日: 2007-08-27 15:14:17 (月)
研究紹介/植物繁殖生態学