* 北方林業について [#aef104cd]
北方林業は1949(昭和24)年4月の創刊以来、試験研究や技術開発成果の紹介、それら成果の現場への普及啓発、関係行政・研究機関からの情報提供など、北海道を中心とする北方森林・林業の発展に多大な貢献を遂げてきた機関誌です。
発行は創刊以来(一社)北方林業会が担ってきましたが、財政上の理由等により北方林業会は2014年度末をもって解散に至り、北方林業は休刊しました。しかしながら、これまで北方林業が担ってきた役割とその重要性、そして現状ではその役割を代替できる刊行物が見当たらないことから、北方森林学会が発行者となって北方林業を再刊することとし、2016年4月から、春、夏、秋、冬の季刊誌として発行しています。

&color(red){[[「北方林業」掲載物の電子媒体化に伴う著作権委譲に関する告知>http://lab.agr.hokudai.ac.jp/jfs-h/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=chosakuken.pdf&refer=%CB%CC%CA%FD%CE%D3%B6%C8]]};~

** 最新号 [#o3914d8a]
#ref(2024wintercover.jpg,right,around,nolink,300x420,,2024年冬号) 
#ref(2024springcover.jpg,right,around,nolink,300x420,,2024年春号) 
 
>&size(17){''2024 Vol.75 No.1 Winter [北方林業 通巻第817号]  ISSN 0388-8045''}; 
>&size(17){''2024 Vol.75 No.2 Spring [北方林業 通巻第818号]  ISSN 0388-8045''}; 
-目次~
''特 集<野生動物と人との関係における近年の新たな課題>''~
 「野生動物と人との関係における近年の新たな課題」にあたって.........明石信廣~
 阿寒湖周辺の森林におけるエゾシカ対策と影響把握の試み~
 −前田一歩園財団の取組みと現在の課題など−...............................時田勝広~
 囲いわなによるエゾシカ捕獲の現状と課題.....................................稲富佳洋・早稲田宏一~
 北海道におけるヒグマ管理とモニタリング.....................................日野貴文・白根ゆり・三浦一輝~
 北海道における地域のアライグマ対策と課題..................................山口沙耶・上野真由美~
 新たな対応が求められるエゾヤチネズミ対策..................................明石信廣~
''特 集<北海道における今後の広葉樹林業>''~
 広葉樹材需給の現状と展望.................................................嶋瀬拓也~
 北海道における広葉樹施業一課題と展望................................吉田俊也~
 多種共存の巨木林一本来の森を取り戻そう..............................清和 研二~
 広葉樹更新のための3つの天然更新施業法...............................石橋聰~
 広葉樹の天然更新におけるエゾシカの影響..............................明石信廣~
 北海道産広葉樹低質材の有効活用に向けて..............................酒井明香~
~
''一般原稿''~
 地域住民に認知される国有林を目指して~
 〜ビジタースポット及びデジタル森林浴を活用した国有林PR〜............岡村澄香・小林昌志~
 北海道の樹木医会の活躍‐北京樹木医研修会への貢献を通じて..............小池孝良・宮本敏澄・藤野介延~
 天然力を活用した低コスト再造林技術への取組~
 〜「表士戻し」地栫による天然更新〜.....................................谷本直緒子・中嶋佑輔~
 キッズページ「北海道の森林」公開.......................................平田美紗子~
 書評 北海道の記念保護樹木第2弾~
 −樹木医が巡る巨樹.名木の世界−.........................................小池孝良~
 鮫島惇一郎さんを偲んで.....................................................真田勝~
~ 
''連 載''~
 International Journalから~
 ナラ枯れ集団枯損による渓流水の硝酸態窒素濃度への影響..................今村直広・伊東康人・福島慶太郎~
 あの山はどうなった 番外編 古平国有林36年後の再訪..................石橋聰~
 北海道 草木の栞(32)タライカヤナギ........................................河原孝行~
 北海道庁から スマート林業の取組について...................................北海道水産林務部林務局林業木材課~
 北海道の木のえほん Vol.13 ハンノキ............................................平田美紗子~
 忙中閑記 樽前山麓の森林を視察して............................................西川瀞二~
 <北海道の生立木腐朽菌類の素顔 24> ニセカイメンタケ.................山口岳広~
 東シベりアタイガ林カラマツの過去の気候変動に対する応答..........鄭峻介~
 北海道 草木の栞(33)オバナノエンレイソウ..........................河原孝行~
 道有林から道有林におけるエゾシカ捕獲対策の取組について..........北海道水産林務部森林環境局道有林課~
 北海道の木のえほん Vol.14 カツラ........................................平田美紗子~
 忙中閑記 植物をスキャンする..............................................孫田敏~
 <北海道の生立木腐朽菌類の素顔 25> ツリガネタケ.................山口岳広~

>''バックナンバーは[[こちら>http://lab.agr.hokudai.ac.jp/jfs-h/index.php?%CB%CC%CA%FD%CE%D3%B6%C8%A5%D0%A5%C3%A5%AF%A5%CA%A5%F3%A5%D0%A1%BC]]''~

~ 
#clear

** 紙面構成 [#o3914d8a]
>''1.特集''~
 多くの関心を集めている森林,林業のトピックを中心に毎号特集を組みます。
>''2.連載''~
 毎号以下の記事を掲載します。~
International Journal から~
 国際誌に掲載された研究論文についての解説,抄録,抄訳など。~
△△了海呂匹Δ覆辰拭平鏤掲載)~
 過去に北方林業誌などで紹介された調査地,試験地などの現況。~
K務て餐靆擇麟~
 北海道の植物について紹介。~
す駘林から,道有林から,北海道庁から~
 国有林,道有林,一般民有林についての施策,事業など。~
ニ務て擦量擇里┐曚~
 北海道の木にまつわるお話をイラストと共に紹介します。~
λ暫羇弋~
 森林,林業にかかわる方のエッセイ。~
北海道の生立木腐朽菌類の素顔~
 北海道内森林の生立木腐朽菌類を紹介。~
>''3.一般原稿''~
 特集以外の投稿記事を掲載します。~
 投稿を歓迎しますが、投稿者は購読者である必要があります。



** 購読料 [#if824676]
  1年(季刊4冊) 4,000円(個人)、4,800円(機関、法人)~
  ~
  若年購読者 2,000円(個人)各年の9月30日現在で29歳以下の方は割引価格です。~
  ~
  なお、秋、冬、春、夏が購読年度となっています。~

** 連絡先 [#u20dc66f]
  購読希望、一般原稿投稿希望の方は下記までご連絡ください。

  〒062-8516	札幌市豊平区羊ケ丘7番地 森林総合研究所北海道支所内

  北方森林学会北方林業事務局(石橋 聡)

  Mail: hopporingyo-ffpri-hkd 「あっとまーく」gp.affrc.go.jp(メールソフト上で&br;  「あっとまーく」は@(半角小文字)に直してください)

  TEL: 011-851-4131(内線1025) FAX:011-851-4167

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS