我々のグループの分離株を使った強酸性土壌の緑化工法が事業化されています。

***************************************

北海道大学大学院農学研究院

根圏制御学分野 (N373)

〒060-8589

札幌市北区北9条西9丁目

Tel & Fax: 011-706-4174

***************************************

☆当研究室の論文 Kawahara et al. (2016) PLoS ONE が米国の子供向け環境科学の雑誌に紹介されました。(農学部ニュース&トピックス)

☆当研究室の論文 Kikuchi et al. (2016) New Phytologist に関する推薦記事が同誌上*および F1000Prime に掲載されました。

☆学部専門科目「根圏制御学」で平成28年度総長賞(教育奨励賞)を受賞しました。

☆AM菌のリン酸輸送機構に関する総説が New Phytologist 誌に、AM菌の農業生産への応用研究に関する論文が Scientific Reports 誌にそれぞれ掲載されました(2018年春)。

☆硫黄山に調査に行ってきました!

(2017年11月)

☆当研究室の分離株 Rhizophagus clarus HR1 (愛知県幡豆町酸性土壌由来) のゲノム論文が BMC Genomics 誌に掲載されました。国産株としては初めてのゲノム解読です(2018年夏)。

☆西オーストラリア大研究チームとの共著論文がPlant, Cell & Environment 誌に掲載されました。(2019年春)。

アーバスキュラー菌根菌の純粋培養に世界で初めて成功した成果がNature Microbiology誌に掲載されました(2019年秋)。→プレスリリース

☆斉藤勝晴さん@信州大と共同執筆したAM菌のリン酸輸送に関する総説が New Phytologist 誌 (IF = 10.151) の Top Downloaded Paper 2018-2019 に選ばれました(2020年春)。→農学部トピックス

2017年秋@北農研

*Bitterlich & Franken (2016) New Phytol. 211: 1147-1149.

Last update 2021.11.9

☆中高校生向けの大学での研究紹介サイト「こんな研究をして世界を変えよう(みらいぶプラス・みらいぶっく)」に当研究室が紹介されています:

食・農・動植物の研究

植物の根に共生する微生物が、植物に養分を供給する。そのメカニズムを追う(2021年夏)