昆虫体系学教室メンバー
2021年度

スパム対策のため,メールアドレスを省略しています.@ のあとに res.agr.hokudai.ac.jp をつけて下さい.

教員

(農学研究院)

教 授 秋元 信一 akimoto@ 「アブラムシ類の寄主植物に対する適応」

准教授 吉澤 和徳 psocid@ 「チャタテムシとシラミの体系学」

(農学院)

教 授 大原 昌宏 (総合博物館)「閻魔虫の分類」

博士研究員

八尾 泉 「アリ共生型アブラムシの進化と生態」

鈴木 誠治 「シデムシの保護行動」

大槻 章子 「カワゲラの系統地理,高次系統」

神戸 崇 「エンドウヒゲナガアブラムシにおける無性生殖個体群と有性生殖個体群の遺伝的構造の差異」

菅野 良和 「バッタの性選択」

土屋 香織 「トンボの精子競争」

山本 周平 「琥珀甲虫」(総合博物館:学振特別研究員 SPD)

学生

D3+ 渡部 友子 「アブラムシの分類」(社会人:高校教員)

D3+ 高篠 賢二 「アブラムシ」(社会人:北農研)

D3 Xin Tong 「アブラムシの性配分 (sex allocation in aphids)」(英語コース)

D2 程 子昕 「チャタテの交尾器」(学振特別研究員 DC)

D2 榎本 尊 「オサムシの形態進化」

D2 島田 潤 「シラミの分類」(社会人:東京文化財研究所)

D2 Alyssa L. Suzumura 「海浜性甲虫類の分類」

D2 野口 創一朗 「アザミウマの分類」(学振特別研究員 DC)

D2 李 嘉晨「アブラムシ」

D2 瑤寺 裕「タマムシの分類」

D2 菊地 那樹「北海道の河川砂地昆虫相」」

D1 能瀬 晴菜 「海浜性甲虫」(社会人:小樽市博物館)

D1 岡安 樹璃也 「アリガタバチの分類・系統・生物地理」

M2 高柳 達志 「カゲロウの分類」

M2 佐藤 諒一 「ゴミムシの分類」

M2 的場 竜毅 「蝶の交尾器」

M2 吉野 優希 「ダニのゴール」

M1 河田 雷 「チャタテ胸部形態」

M1 齋藤 元 「エンマムシ便乗ダニ」

M1 土門 駿介 「マルハナバチの分類」

M1 村上 啓介 「ユキムシ」

M1 渡辺 穣 「ツノカメムシ卵保護物質」

B4 桑原 烈 「チャタテ雄交尾器形態」

B3 澤田 昌恭 「検討中」

B3 西村 涼大 「検討中」

B3 森合 晴紀 「検討中」

初代教授

松村松年


トップへもどる