*お知らせ2010年度 [#i4e78d30]
2010年度の事務局からのお知らせです。最新のお知らせほど上に表示されています。

+2012-3-17【北大農学部「時計台サロン」開催のご案内】~
~
~北大農学部では、毎月1回、市民むけ講演会を札幌市時計台(2階ホール)で開催することになりました。北大の農学にまつわる様々な話題を判りやすく提供します。ゆったり思索できザックバランな雰囲気の「サロン」にしたいと考えています。皆様のご来場と話題のご提供を心から歓迎致します。~
 第1回と第2回は下記の通りに開催されます。皆様の参加をお待ち申し上げます。~
~
 記~
~
日 時:4月17日(火)18時より~
場 所:札幌市時計台の2階ホール~
講 演:~
 (1)「未来を創る北大農学の使命」~
    松井博和研究院長~
 (2)「農学の開祖・新渡戸稲造ならTPP(環太平洋連携協定)をどうみるか」~
    三島徳三名誉教授~
~
日 時:5月22日(火)18時より~
場 所:札幌市時計台の2階ホール~
講 演:~
 (1)「価値創造と人材育成への挑戦」~
    松沢幸一氏(キリンビール前社長)~
 (2)「農都共生のススメ」~
    林美香子氏(元STVアナウンサー)~
~
+2012-3-17【講演会の日程変更のご案内】~
~
2月29日付けで掲載しました3月23日の講演会の開催時刻が変更になりましたので、下記の通り、ご案内します。~
~
 記~
~
日 時:2012年3月23日(金)10:30−12:00~
会 場:農学部N13教室~
テーマ:中国科学院の生態環境研究の取り組み~
~
+2012-2-29【講演会のご案内 〜講演会支援事業〜】~
~
来る3月23日に、中国科学院 生態・環境研究センターの馬 克明 教授と曲 来葉 副教授(農学研究科OG)の訪問にあわせて、下記の講演会が開催されます。~
奮ってご参加ください。~
~
 記~
~
テーマ:中国科学院の生態環境研究の取り組み~
日 時:2012年3月23日(金)15:00-16:30~
会 場:北海道大学農学部N13教室~
~
1)中国における土地利用と都市生態学の現状と課題~
 (馬 克明 教授)~
2)内モンゴルにおける生態系修復の現状~
 (曲 来葉 副教授 / 農学研究科OG)~
~
連絡先:~
 佐藤冬樹(北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション)~
 渡辺誠・小池孝良(森林資源科学分野)~
~
後援:北方森林科学会~
(北方森林学会の講演会支援事業により補助されています)~
~
+2012-2-28【シンポジウムのご案内】~
~
林業技術者育成シンポジウムが開催されますので下記の通りご案内を差し上げます。~
~
  記~
~
1)企画名:林業技術者育成 日独国際シンポジウム~
2)目 的:「フォレスター像」の明確化・共有~
 日本では明確になっていないフォレスター(森林官)の具体的な職業像を、ドイツ森林行政・ロッテンブルグ大学における人材育成システムを学ぶことをとおして明確化し、森林管理・林業に関わる専門的な人材育成の目標の共有をはかります。~
3)日 時:平成24年3月8日 13時30分〜17時頃まで~
4)開催場所:北海道大学農学部 大講堂~
5)開催内容~
 ヾ霙換岷蕁13時30分〜15時20分~
 ・ドイツにおける森林技術者教育システム-ロッテンブルク大学カイザー学長~
 ・ロッテンブルク大学における森林技術者-ロッテンブルク大学ハイン教授~
 意見交換会 15時30分〜17時頃まで~
~
主 催:北海道大学大学院農学研究院~
後 援:北海道森林管理局、北海道庁~
本事業は「緑と水の森林ファンド」の助成事業の支援を受けて開催いたします。~
~
なお、シンポジウム終了後下記のように懇親会を開催いたします。参加ご希望の方は柿澤までご連絡ください。~
会場:札幌アスペンホテル(18時〜20時頃まで)~
【会費制】5,500円 立食パーティー~
~
連絡先~
 柿澤宏昭  北大農学研究院~
~
+2012-2-19【北方森林研究(第60号)の発行について】~
~
北方森林研究(第60号)が発行になりましたのでご案内を差し上げます。~
~
+2011-11-12【「北海道の森林」の出版について】~
~
北方森林学会では、60周年を記念しまして、「北海道の森林」(北方森林学会編)~
(出版:北海道新聞社; 2100円(税込み))を11月15日に発行する運びとなりました。~
~
&ref(北海道の森林表紙.jpg);~
~
著者総勢76名、総ページ数319p、カラー刷りの記念本が完成しました。~
~
つきましては、個人会員の皆様には1冊を贈呈いたします。~
15日の大会にご出席される方々には、受付(1F)にてお渡し致します。ご出席頂けない方々には、後日、郵送致します。
~
会場では著者割引価格(2割引)にて販売を行います。
ご利用を頂けましたら幸いです。~
~
11月16日より店頭販売を開始します。~
また、「道新BOOK」 http://www.aurora-net.or.jp/doshin/book/ にて、広告予定でございます。~
多くの方への宣伝と販売促進にご協力をお願い申し上げます。~
~
追伸:
大会受付では、平成24年度会費を承ります。~
また、後日納金の方のために振込用 紙も配布します。ご利用下さい。~
~
~
+2011-11-3【非会員の大会研究発表の傍聴について】~
~
北方森林学会では非会員の方の大会研究発表への傍聴を歓迎します。~
多くの方にお集まり頂きまして、有意義な意見交換の場を提供したいと考えています。~
参加費は無料です。~
~
+2011-11-2【第60回大会プログラムのご案内】~
~
第60回大会のプログラムはこちらからご覧頂けます(&ref(60回プログラム.pdf);)。~
~
+2011-9-6【第60回大会のご案内】~
~
第60回大会のご案内はこちら(&ref(60回大会案内.doc);)。~
大会の申込み方法も案内にございます。~
~
+2011-9-5【一般公開シンポジウムのお知らせ】~
~
一般公開シンポジウム「森林・林業の再生に向けた人づくり」を下記の内容で開催します。~
~
記~
~
(1) 日 時:2011年11月15日(火)14:00〜16:30(予定)~
(2) 場 所:札幌コンベンションセンター~
(3) 入場料:無料 (事前申込み不要)~
(4) 講演者と講演タイトル~
・渋谷正人(北海道大学大学院農学研究院)~
「林業に必要な人材育成像」~
・川西博史(北海道水産林務部)(予定)~
「新たな森林計画制度の内容と北海道の取組」~
・辰見政則(後志総合振興局森林室)(予定)~
「フォレスターとしての活動と今後の役割について」~
・日月 伸(むかわ町役場)~
「市町村の森林行政の現状と課題」~
・門間孝厳(鶴居村森林組合)~
「森林施業プランナーの取組」~
(5) コメント~
・平野均一郎(北海道森林管理局)~
「森林・林業再生に向けた国有林の役割−フォレスター等人材育成の観点からー」~
(6) パネルディスカッション~
座長:柿澤宏昭(北海道大学大学院農学研究院)~
~
+2011-9-2【大会申し込みに関する日程のお知らせ】~
第60回北方森林学会大会への参加の申し込みは、下記の日程が予定されています。~
~
 記~
~
 (1) 参加・研究発表申し込み 平成23年 9月30日(金)必着~
 (2) 懇親会申し込み      平成23年 9月30日(金)必着~
 (3) 要旨提出          平成23年10月14日(金)必着~
~
詳しくは近日中にアップします。~
(会員の皆さまへはご案内を郵送します)~
~
+2011-8-13【講演会支援】~
本会の講演会支援事業で下記の講演会を支援することが決まりましたのでご案内します。~
~
「農業気象・農林環境研究における最近の話題−若手研究者による研究最前線−」~
(日本農業気象学会北海道支部セミナー)~
~
若手研究者からホットな研究成果をわかりやすく紹介してもらいます。奮ってご参加ください。~
~
日 時:2011年8月30日15:00〜17:30~
場 所:北海道大学農学部多目的室(W109)~
演 題:~
15:00〜15:05 開会挨拶と趣旨説明~
15:05〜15:40 「気候変動および開発に伴う東南アジア熱帯林の炭素収支変化」~
          平田竜一氏(北海道大学大学院農学研究院)~
15:40〜16:15 「積雪・土壌凍結を伴う農地におけるCO2動態の観測」~
          大久保晋治郎氏(北海道農業研究センター)~
16:15〜16:55 「日本の森林樹種6種に対する窒素沈着を考慮したオゾンのリスク評価」~
          渡辺 誠氏(北海道大学大学院農学研究院)~
16:55〜17:25 「対流圏オゾンの植物影響評価のための気孔コンダクタンスモデリング」~
          星加康智氏(北海道大学大学院農学研究院)~
17:25〜17:30 閉会挨拶~
~
主催:日本気象学会北海道支部会~
協賛:北方森林学会 ~
~
+2011-8-8【大会日程のお知らせ】~
第60回北方森林学会大会は下記の日程で予定されています。~
~
記~
日程:平成23年11月15日~
場所:札幌コンベンションセンター~
(共催:日本森林技術協会)~
~
+2011-7-13【春季行事の報告】~
2011年春季行事は6月27日(月)に開催され、無事終了いたしました。報告の詳細は[[こちら>11春季報告]]~
記~
テーマ:「地域の森林から住宅を −地域材活用の取り組み−」~
日 時:平成23年6 月27 日(月) 11:00〜17:30~
場 所:岩見沢市 イベントホール赤れんが、栗山町 岩崎山林、岩見沢市 道有林80林班、岩見沢市 道有林材使用の住宅建設現場~
内 容:~
  1.室内報告~
   ・道総研の戦略研究「「新たな住まい」と森林資源循環による持続可能な地域
の形成」の概要~
   ・空知総合振興局森林室の取り組み(一般民有林=芦別市の事例/道有林)~
  2. 岩崎芳吉氏(北海道指導林家)の経済価値の高い山づくりとオーナー制度~
  3. 道有林の「森の見える家づくり」−その森林と住宅建設現場−~
参加人数:51名~
~
+2011-4-1【名称の変更】~
本会である日本森林学会の法人化に伴い、日本森林学会北海道支部会は北方森林学会(任意団体)へと移行しました。~
詳細は、H23年2月発行の日本森林学会北海道支部論文集第59号総会報告をご覧下さい。~
~


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS