担当講義

主な担当講義の内容

植物遺伝資源学
栽培植物が有する遺伝的多様性に直接かかわる基礎を学び,栽培植物の遺伝的多様性の成因について理解します。また,人為突然変異の創出技術,分子情報を用いた遺伝資源利用の新たな展開についての理解も到達目標となっています。基本的には農学部2年次以降の人が履修対象となります。研究室の看板講義です。
工芸作物学
日本または世界に重要な工芸作物について,それらの歴史,分類,起源,特徴,栽培,育種,利用等についての理解を深めます。また,併せて遺伝子組換え技術を利用した新しい工芸作物についての理解も到達目標となっています。基本的には農学部3年次以降の人が履修対象となります。
生物実験計画法
生物を対象とした実験あらられるデータの統計解析法の基礎を理解します。また,t検
定,分散分析法の理解も到達目標となっています。基本的には農学部3年次以降の人が履修対象となります。
植物育種科学総論
環境と調和した生物の遺伝的管理を目指す新しい植物育種を総合的に構築するためウイルスから高等植物に至る幅広い材料を対象とした基礎生物学,分子細胞生物学,遺伝育種
学,植物遺伝資源学および遺伝子工学の基礎理論について理解を深めます。基本的には大学院生の人が履修対象となります。
育種科学特論
植物の改変に関する有用遺伝資源の管理・利用・開発ならびに遺伝子から個体,集団レベルでの遺伝学の基礎概念と育種形質の基礎を最近の知見に基づいて体系的な理解を深めます。また,遺伝子操作に植物への遺伝子導入システムの開発と応用研究についても学びます。基本的には大学院生の人が履修対象となります。

以上が主な講義の内容になります。詳細やその他の関連講義につきましては授業要綱をご参照ください。