* 造林学研究室 (Silviculture and Forest Ecological Studies) [#v441e33e]

** 皆様 [#z12d3b2a]
東日本大震災で被災された皆様へのお見舞いと哀悼を一同が表するとともに、一刻も早い復旧と回復を祈っております。
造林学研究室の一同は元気に通常通りの生活を行っています!ご心配下さっている皆様のご厚意に感謝いたします。

Please access [[here>index_e]] for English site !

** コンテンツ [#p6540dda]
- [[研究紹介]]:初めての方、大学院進学を考えている方はこちらからどうぞ
- [[造林ゼミ>分野ゼミ]]:研究室内の様々なセミナーの紹介です(通称、分野ゼミ)。原則、研究室外の方も歓迎します。
- [[研究室のメンバー>メンバー]]
- [[リンク]]
- [[学生学外体験記>インターンシップ]](インターンシップ報告)
- [[研究室内専用ページ>講座内ページ]]
-- [[このページ>講座内ページ]]は,研究室関係者のみです.詳細は[[管理者]]までお問い合わせください.

- アクセス数: 合計:&counter(total);, 本日:&counter(today);, 前日:&counter(yesterday);

** 更新生態学受講生の方々へ [#vdd9b642]
更新生態学の講義資料です。PDFファイルをダウンロードして利用してください。
- &ref(更新生態学1.pdf);
- &ref(更新生態学2.pdf);

10月1日に行われた更新生態学の課題です。
- &ref(更新生態学課題.xls);

** お知らせ [#z4cefdca]
-[[国際森林年>http://www.rinya.maff.go.jp/j/kaigai/2011iyf.html]] 2006年の国連総会決議により、2011年は国際森林年とされた。国際森林年は世界中の森林の持続可能な経営・保全の重要性に対する認識を高めることを目的にする。速水林業の言葉「子や孫が木材を売って生活できるような山を造ってきたら、人様はそれを美しい森という。」この事実を一企業だけではなく、国土保全に置き換えることも公務の目標であると思う(小池)。
- [[緑の風・木枯らし012]] :OB・OG等からの情報・速報です。随時掲載します。[[緑の風・木枯らし011]][[緑の風・木枯らし010]],[[緑の風・木枯らし09]],[[緑の風・木枯らし08]]
----
-[[北海道の森林>http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%81%AE%E6%A3%AE%E6%9E%97-%E5%8C%97%E6%96%B9%E6%A3%AE%E6%9E%97%E5%AD%A6%E4%BC%9A/dp/4894536226]](北海道新聞出版センター)森林学会北海道支部(北方森林学会)設立60年記念。大部屋にあります(下段に石井名誉教授談話とOB吉住さんの記事)。
-[[ソーシャルキャピタル-地域に住むプライド>http://hkk.or.jp/kenkyusho/]]をOB草苅健様から頂きました。大部屋、小池&new{2011-11-9 (水)};
- [[日本有用樹木誌>http://www.kaiseisha-press.ne.jp/cat.pl?type=view&htma=0&RecordID=1308010600&bmode=&btype=index&begin=0&line=15&srtidx=3&srtmod=down]](佐野雄三先生等執筆)、ためになります。大部屋。小池&new{2011-7-21 (木)};
-[[森への働きかけ>http://www.kaiseisha-press.ne.jp/cat.pl?type=view&htma=1&RecordID=1287468713&bmode=&btype=index&begin=0&line=15&srtidx=3&srtmod=down]] 北大・旧演習林のメンバーを中心に森林利用学の再構築を期する。[[紹介記事>http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000861012100001]]。[[奥山洋一郎先生の書評論壇>http://www.kaiseisha-press.ne.jp/img/ISBN978-4-86099-236-1g.pdf]]が出ました。的確な評価をくださっています。大部屋にあります。

#recent(10)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
FrontPage のバックアップソース(No.69)