* 造林学研究室 (Silviculture and Forest Ecological Studies) [#v441e33e]

Please access [[here>index_e]] for English site !

** コンテンツ [#p6540dda]
- [[研究紹介]]:初めての方、大学院進学を考えている方はこちらからどうぞ
- [[造林ゼミ>分野ゼミ]]:研究室内の様々なセミナーの紹介です(通称、分野ゼミ)。原則、研究室外の方も歓迎します。
- [[研究室のメンバー>メンバー]]
- [[リンク]]

- [[研究室内専用ページ>講座内ページ]]
-- [[このページ>講座内ページ]]は,研究室関係者のみです.詳細は[[管理者]]までお問い合わせください.

- アクセス数: 合計:&counter(total);, 本日:&counter(today);, 前日:&counter(yesterday);

**G-COE講習会 資料 [#v5857e5e]
講習会資料、LAIメーターの使い方資料です。PDFをご利用下さい。
講師:江口則和氏(元北方生物圏フィールド科学センター・専門研究員;現在 自治体職員)担当
- &ref(LAI 授業 1.pdf); 基礎編,  &ref(LAI 授業 2.pdf); 応用編;~

** 更新生態学受講生の方々へ [#vdd9b642]
更新生態学の講義資料です。PDFファイルをダウンロードして利用してください。
- &ref(更新生態学1.pdf);
- &ref(更新生態学2.pdf);

** お知らせ [#z4cefdca]
- [[緑の風・木枯らし09]] [[緑の風・木枯らし08]]:OB・OG等からの情報・速報です。随時掲載します。'07・・・[[緑の風・木枯らし07]]
- 造林学講座開設百年記念講演会・祝賀会 10月10日開催(農学部4F講堂・エンレイソウ[[「エルム」>http://www.hokudai.ac.jp/bureau/info-j/enreisou.html]]
----
- 高山植物学(増沢武弘編著)を入手しました。極限環境などの植生などについても情報満載。大部屋。小池孝良&new{2009-8-26 (花)}; 
- 雑誌「山林」の記念号、1500号(林業の半世紀)と1501号(将来展望)が届きました。森林科学の昨今を学ぶのに最適です。著名な研究者が論陣を張っています。大部屋。小池孝良&new{2009-8-17 (月)}; 
- 本日のニュースで窒素飽和現象が『森のメタボ化』というタイトルで紹介されていました。社会的に窒素飽和現象が上手く紹介された例だと思います。おもしろい表現ですね(小林真)。リンク先:http://www.asahi.com/eco/OSK200906110150.html

#recent(10)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
FrontPage のバックアップソース(No.6)