* 造林学研究室 (Silviculture and Forest Ecological Studies) [#v441e33e]
 
 Please access [[here>index_e]] for English site !
 
 ** コンテンツ [#p6540dda]
 - [[研究紹介]]:初めての方、大学院進学を考えている方はこちらからどうぞ
 - [[造林ゼミ>分野ゼミ]]:研究室内の様々なセミナーの紹介です(通称、分野ゼミ)。原則、研究室外の方も歓迎します。
 - [[研究室のメンバー>メンバー]]
 - [[リンク]]
 - [[学生学外体験記>インターンシップ]](インターンシップ報告)
 - [[研究室内専用ページ>講座内ページ]]
 -- [[このページ>講座内ページ]]は,研究室関係者のみです.詳細は[[管理者]]までお問い合わせください.
 
 - アクセス数: 合計:&counter(total);, 本日:&counter(today);, 前日:&counter(yesterday);
 
 ** 更新生態学受講生の方々へ [#vdd9b642]
 更新生態学の講義資料です。PDFファイルをダウンロードして利用してください。
 - &ref(更新生態学1.pdf);
 - &ref(更新生態学2.pdf);
 
 10月1日に行われた更新生態学の課題です。
 - &ref(更新生態学課題.xls);
 
 ** お知らせ [#z4cefdca]
 - [[緑の風・木枯らし010]] [[緑の風・木枯らし09]]:OB・OG等からの情報・速報です。随時掲載します。'08・・・[[緑の風・木枯らし08]]
 - 祝・造林学講座開設百周年 (1910年3月開設)
 ----
 - 造林OB草苅健様から、「[[生活見直し型観光とブランド形成>http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E8%A6%8B%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%97%E5%9E%8B%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%81%A8%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%BD%A2%E6%88%90-%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%A5%BD%E5%AE%8F/dp/4902969890/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1228377099&sr=1-1]]」(北海道開発協会刊行)を謹呈いただきました。苫東の森から観光学への術を学びたい。大部屋に。小池&new{2010-12-18 (金)};
 - 西川静一氏、「[[森林環境と社会>http://www.nakanishiya.co.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=708]]」を入れました。森林管理の哲学書。大部屋に。小池 &new{2010-12-27 (金)};
 - 造林OB草苅健様から、「[[生活見直し型観光とブランド形成>http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E8%A6%8B%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%97%E5%9E%8B%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%81%A8%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%BD%A2%E6%88%90-%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%A5%BD%E5%AE%8F/dp/4902969890/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1228377099&sr=1-1]]」(北海道開発協会刊行)を謹呈いただきました。苫東の森から観光学への術を学びたい。大部屋に。小池(2010-12-18)。
 - [[森への働きかけ>http://www.kaiseisha-press.ne.jp/cat.pl?type=view&htma=1&RecordID=1287468713&bmode=&btype=index&begin=0&line=15&srtidx=3&srtmod=down]] 北大・旧演習林のメンバーを中心に森林利用学の再構築を期する。[[紹介記事>http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000861012100001]]。大部屋にあります。
 - [[風景学>http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%AD%A6-%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%81%A8%E6%99%AF%E8%A6%B3%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8B%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%A8%E7%8F%BE%E5%9C%A8-%E9%80%A0%E5%BD%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E4%B8%AD%E5%B7%9D-%E7%90%86/dp/4320076818/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1283206669&sr=8-1]]を森林風致計画研究所(所長:OB伊藤精晤先生)から謹呈いただきました。大部屋。小池&new{2010-8-30 (月)};
 - [[企業が取り組む「生物多様性」入門>http://www.jbib.org/]]([[足立直樹>http://www.nikkei.co.jp/biod/columns/index.aspx?n=MMWEa3000021122009]]編著)必読!大部屋に.
 -「[[森林吸収源、カーボン・オフセットへの取り組み>http://ringyo.tempo.ne.jp/e_shoppy/www/list.cgi?id=G000400066S00]]」OB小林紀之氏(砂防)編集。大部屋にあります。必読書!
 - 福音館書店から発売の『かがくのとも』という絵本のとじこみ付録に小林の『山火事と炭と私たちの生活』という文章が掲載されました。コピーを下欄にアップしておきます。ご指摘ご感想頂ければ幸いです。小林真 
 - 窒素飽和現象が『森のメタボ化』というタイトルで紹介されていました。社会的に窒素飽和現象が上手く紹介された例だと思います。おもしろい表現ですね(小林真)。リンク先:http://www.asahi.com/eco/OSK200906110150.html
 
 #recent(10)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
FrontPage のバックアップ差分(No.41)