野生動物の生態や進化の仕組みを
遺伝子解析を通して理解する研究室です

Toward understanding of ecology, evolution and the mechanism of biodiversity maintenance

北海道から世界まで、自然と闘い調和しながら生きる命の在り方や多様性維持の仕組みの解明を目指しています。

Field, Lab to Society

科学の力で得られた知識を、野生生物保全の分野で社会に還元することも大きな目標の一つです。

研究目標

野生動物は環境に大きく影響されながら生命を育んでいます。彼らの存在は我々の生活にも大きく関わっていますが、彼らの生態系や生物多様性の成り立ちについては未だ多くの謎が隠されています。本研究室では、自然界でこれら野生生物がどのように生き、どのように命を繋いできたのか、また人間活動とどう関わっているのか、生態・進化・遺伝・保全の観点から探ることを目標としています。

教授は無類のサケ科魚類好きですが、研究室メンバーが選ぶテーマは魚類はもちろん、哺乳類、鳥類から無脊椎生物に至るまで様々です。北大のオープンな環境で自由な発想と国際的な視点、周りの大自然を活かした研究を展開していきます。

ChitoseSalmon

お知らせ

一覧を見る