会則・規則

第1条(名 称):
本会は北海道農業経済学会と称する。
第2条(目 的):
本会は農業経済に関する研究を行い、もって農業経済学と農業・ 農村の発展に寄与することを目的とする。
第3条(事務所):
本会は事務所を北海道大学農学部農業経済学教室内におく。
第4条(事 業):
本会はその目的を達成するために、下記の事業を行う。
(1)学術大会、研究会または講演会の開催
(2)機関誌、その他印刷物の刊行
(3)会員情報の管理
(4)北海道農業経済学会賞の授与。ただし詳細に付いては別に定める
(5)内外研究機関との連絡及び協力
(6)その他本会の目的を達成するために必要な事項
第5条(会 員):
本会は農業経済学の研究を志すものによって組織される。
2.本会の会員は会費を納める。
3.入会は会員の推薦により、役員会の確認を受けるものとする。ただし、会員の脱退は自由である。
4.新入会員及び脱退者については会員に報告する。
5.前4項の他、
名誉会員を置くことができる。
名誉会員は役員会で決定し、会費を免除する。
第6条(役員および役員会):
会長1名、副会長若干名、幹事若干名、監事2名の役員をおく。
2.役員は会員の互選により総会においてきめる。
3.役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。役員に欠員を生じた場合は、役員会の推せんにより会長が補欠の役員を任命することができる。補欠の役員の任期は、前任者の残留期間とする。
4.役員は役員会を構成する。役員会は会長がこれを召集する。
第7条:
会長は本会を代表し、会務を総理する。
2.副会長は会長を補佐し、学会誌編集・学会賞選考等の任務を分掌する。会長に事故あるときは、これを代理する。
3.幹事は会務を執行し、正副会長に事故あるときは、これを代理する。
4.監事は会務の執行および会計を監査する。
第8条(総 会):
本会は毎年3月に通常総会を開き、重要な会務を議決する。
2.本会は必要のあるときは臨時総会を開くことができる。
3.総会は会長が召集し、その議決には出席会員の過半数の賛成を要する。可否同数のときは議長の決するところによる。
第9条:
下記に掲げる事項は総会において審議する。
(1)事業計画および事業報告
(2)収支予算及び決算
(3)その他重要なる事項
第10条(経 費):
本会の経費は会費、寄付金その他の収入を以ってこれにあてる。
2.会費の額は総会の議決を経て決める。
第11条(事務局):
本会に事務局を置くことができる。
2.事務局員は役員会にはかって、これを会長が任命叉は委嘱する。
第12条(年 度):
本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
2.ただし、会計年度は、毎年3月1日に始まり、翌年2月末日に終わる。
第13条(会則変更):
本会の会則は総会の議決によって変更することができる。
第14条(その他):
本会則に定めない事項については会長が別に、これを定めることができる。
 
附 則
本会則は1970年 3月20日より施行する。

附 則
本会則は1989年 3月 8日より施行する。

附 則
本会則は2001年 3月16日より施行する。

附 則
本会則は2015年 3月8日より施行する。
附 則
本会則は2019年 3月10日より施行する。
(PDF版ダウンロード)